ソフトバンクグループ、イオンと協業……O2OとWi-Fiを活用したショッピングサービスを提供 | RBB TODAY

ソフトバンクグループ、イオンと協業……O2OとWi-Fiを活用したショッピングサービスを提供

エンタープライズ 企業

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • CouponGATE
 イオンとソフトバンクテレコム、ヤフーは7日、ICT(情報通信技術)を駆使した新サービスの提供を目的に協業することを発表した。

 ソフトバンクテレコムとヤフーが共同で提供する、ネットと実店舗を結びつけ来店促進・購買を拡大するO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービス「ウルトラ集客」をイオンは導入する。「ウルトラ集客」では、「Yahoo! JAPAN」のトップページに掲載するバナー広告を入り口として、各種キャンペーンへの参加を促し、顧客がイオンやイオンモールなどの専門店で特典を受けることができる

 ユーザーは、まず「Yahoo! JAPAN」のトップページなどに掲載されたバナー広告から、PCやスマートフォンで特典のバーコード情報を取り込み、次に店舗に設置された「HappyGATE(ハッピーゲート)」にかざすことで、特典クーポン券を受け取り、レジで商品などと交換できる。

 「HappyGATE」は、ソフトバンクテレコムが提供するバーコード読み取り・発券機「CouponGATE(クーポンゲート)」をイオングループ用に特別仕様にしたもので、総合スーパー「イオン」など約460店舗にて15日より本格展開を開始する。また、全国の食品スーパー「マックスバリュ」など約1,000店舗においても順次サービスを開始する予定。今後イオンは、グループ各社の既存のメール会員向けにも同様のサービス情報を発信していく。

 またイオンとソフトバンクテレコムは、イオンモールをはじめとするイオンのショッピングセンター(SC)にWi-Fiスポットを6月より順次設置し、「AEON Wi-Fi(仮称)」のサービスをスタートする。さらに、マルチキャリア対応スマートフォン用の「イオンサービスアプリ(仮称)」の開発を行う計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top