Surface RT 4万9800円から……日本マイクロソフト樋口社長「バリューでは比較にならない」 | RBB TODAY

Surface RT 4万9800円から……日本マイクロソフト樋口社長「バリューでは比較にならない」

 3月1日、新型タブレット『Surface RT』を発表した日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「32GBのモデルで5万円を切った価格は、他のタブレットと比べて大変競争力のある価格であると自信をもって言える」と新商品への自信を示した。

IT・デジタル スマートフォン
3月15日発売の新型タブレット「Surface RT」を手にする、日本マイクロソフトの樋口泰行社長
  • 3月15日発売の新型タブレット「Surface RT」を手にする、日本マイクロソフトの樋口泰行社長
  • 3月15日発売の新型タブレット「Surface RT」を手にする、日本マイクロソフトの樋口泰行社長
  • 日本マイクロソフトが開催した、新型タブレット「Surface RT 」発表会
  • 日本マイクロソフトが開催した、新型タブレット「Surface RT 」発表会
  • 日本マイクロソフトが開催した、新型タブレット「Surface RT 」発表会
  • 背面にスタンド機能があるので、PCスタイルで使用も可能
  • キーボード機能が付いたカバーを手にする、日本マイクロソフトの横井信好氏
  • センサータイプでない、しっかりとしたキーボード機能を持つタイプのカバーも用意
 3月1日、新型タブレット『Surface RT』を発表した日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「32GBのモデルで5万円を切った価格は、他のタブレットと比べて大変競争力のある価格であると自信をもって言える」と新商品への自信を示した。

 Surface RT発表会に登壇した樋口社長「既にタブレットを購入されている方の半数が“これぐらいのことしか出来ないのか”とご不満をお持ちであると聞いております。このWindowsベースのタブレットは、タブレットとしても使え、かつキーボードを付ければ生産性の高い仕事もできる。Word、Excel、Power Point、One Noteそういうものも最初から入っている。バリューという意味で比較にならないほど高い」と、既存のタブレット端末との違いを強調した。

 3月15日より日本で発売するSurface RTは、全てのモデルで「Office 2013 RT」をプリインストール。ハードの機能は、HD720pのカメラを前面と背面に採用、USBポート、microSDスロットを装備。バッテリーは最大8時間の使用が可能という。

 ラインナップは、RT 32GBモデル:4万9800円、RT 64GBモデル:5万7800円。厚さ3ミリのキーボード機能付きカバーがついたものが、RT 32GB Touch cover:5万7800円、RT 64GB Touch cover:6万5800円。

 Surfaceの位置づけについて樋口社長「我々がパートナーであるハードメーカーと一緒にやっていく路線に変わりはないが、Windowsを一緒に盛り上げていく意味で、バリエーションの一つとして発売する」とし、「これから、新学期、新入学、新社会人、勉強や仕事の用途としてマインドが高まる時期、春商戦をきっかけに、Surface、Windows 8トータルとして盛り上げていきたい」と販売への意気込みを語った。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top