サム・ライミが震え上がった“実話”……『ポゼッション』 | RBB TODAY

サム・ライミが震え上がった“実話”……『ポゼッション』

 5月25日より、『ポゼッション』がシネマサンシャイン池袋他にて日本全国公開する。本作は米『ロサンゼルス・タイムズ』紙で報じられた、ある“呪いの箱“にまつわる驚愕の実話を映画化した問題作だ。

エンタメ 映画・ドラマ
『ポゼッション』ポスター
  • 『ポゼッション』ポスター
  • サム・ライミ
 5月25日より、『ポゼッション』がシネマサンシャイン池袋他にて日本全国公開する。本作は米『ロサンゼルス・タイムズ』紙で報じられた、ある“呪いの箱“にまつわる驚愕の実話を映画化した問題作だ。

 『死霊のはらわた』『スペル』のサム・ライミがプロデューサーを務め、ライミ自身のレーベル、ゴースト・ハウス・ピクチャーズによって製作された『ポゼッション』は、『ソウ』シリーズなどを大ヒットさせたライオンズゲートの配給で全米公開され、2週連続ボックスオフィス第1位を記録した。

 2004年7月25日のロサンゼルス・タイムズ紙に、世界中の読者が関心を寄せた驚くべき記事が掲載された。大手オークション・サイトのeBayに、所有者に厄災をもたらすアイテムが出品されていたというのだ。

 そのアイテムは一見すると古めかしいだけで何の変哲もない木製の収納箱だったが、出品者の大学生は自らが体験した奇怪な現象を生々しく書き連ね、その後も箱をめぐる忌まわしい逸話が続々と判明。まもなく箱のオークション・ページは14万回以上のページビューを記録し、一般のオークション利用者はもちろんのこと、超常現象、都市伝説、神秘主義などの研究家の興味もかき立てていった。何とその箱の正体は、ユダヤの民話で伝えられる邪悪な存在“ディビューク”を封印した“決して開けてはならない箱”だった。

 この背筋に悪寒が走る出来事に引きつけられた人々の中には、ハリウッドのクリエイターもいた。『スパイダーマン』シリーズを成功に導き、ディズニー大作『オズ はじまりの戦い』も話題の、サム・ライミである。『死霊のはらわた』『スペル』などで観客を怖がらせることに喜びを感じてきたライミは、自身が設立した恐怖映画専門レーベル、ゴースト・ハウス・ピクチャーズで問題の箱にまつわる実話の映画化を決定。かくして完成した『ポゼッション』は、『ソウ』シリーズなどをヒットさせたライオンズゲートの配給で全米公開された。

<ストーリー> その邪悪な“何か”は、ただ憑依しているのではない。少女の体内に巣食い、棲みついている……。妻と離婚し、週末ごとにふたりの愛娘と一緒に過ごしている中年男クライドは、あどけない次女エミリーの異変に目を疑った。ふと立ち寄ったガレージセールでアンティークな木箱を購入して以来、エミリーがその箱に異常な執着を示し、時には凶暴な振る舞いを見せるようになったのだ。その後もエミリーの奇行はエスカレートし、天真爛漫だった我が子の信じがたい変わりように危機感を覚えたクライドは、現代医学では解明できない原因があるのではないかと独自の調査を開始する。

 主人公エミリー役に抜擢されたカナダ生まれの、ナターシャ・カリスの熱演も見逃せない。『ウォッチメン』のジェフリー・ディーン・モーガン、人気TVシリーズ「クローザー」のキーラ・セジウィックというふたりの実力派俳優がエミリーの両親に扮する。監督は『ナイトウォッチ』で知られるオーレ・ボールネダル。5月25日、シネマサンシャイン池袋ほか日本全国ロードショー。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top