PC不要でデータ保存可能、最大1,600倍ズームのデジタル顕微鏡 | RBB TODAY

PC不要でデータ保存可能、最大1,600倍ズームのデジタル顕微鏡

 PC不要で観察内容をSDカードにダイレクト保存できるデジタル顕微鏡「DMS500」が、マキコーポレーションから25日に発売される。予想実売価格は24,800円前後。

IT・デジタル その他
デジタル顕微鏡「YASHICA DMS500」
  • デジタル顕微鏡「YASHICA DMS500」
  • 表示倍率400倍でデジタルズームと併用することで最大1,600倍ズームが可能
 PC不要で観察内容をSDカードにダイレクト保存できるデジタル顕微鏡「YASHICA DMS500」が、マキコーポレーションから25日に発売される。予想実売価格は24,800円前後。

 「DMS500」は、表示倍率400倍でデジタルズームと併用することで最大1,600倍ズームで繊維や微生物、細胞などのミクロな世界を観察できるデジタル顕微鏡。3.5インチのカラー液晶搭載で、カメラは1/2.5型500万画素CMOSイメージセンサーで静止画のほか動画も撮影・保存可能。そのほか、本体には6種類のカラーフィルターと強弱を調節できるLEDライトを搭載する。

 インターフェースとしてSDカードスロット、miniUSB2.0接続端子を装備。SDメモリーカード(最大2GB対応)、SDHCメモリーカード(最大32GB対応)にPCなしで保存できる。保存形式は動画がAVI、静止画がJPEG Exif 2.1準拠。表示倍率は40~1,600倍。本体サイズは幅110mm×奥行160mm×高さ340mm(突起部のぞく)で、重量は1,410g(付属品除く)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top