東海地方で大雪のおそれ……気象庁、15日予報 | RBB TODAY

東海地方で大雪のおそれ……気象庁、15日予報

 気象庁名古屋地方気象台は15日4時35分、「大雪に関する東海地方気象情報」を発表した。それによると、東海地方の山地では、15日昼過ぎにかけて大雪となる所がある見込みだ。

ブロードバンド テクノロジー
気象庁
  • 気象庁
  • ウェザーニューズ
 気象庁名古屋地方気象台は15日4時35分、「大雪に関する東海地方気象情報」を発表した。それによると、東海地方の山地では、15日昼過ぎにかけて大雪となる所がある見込みだ。気象庁は積雪や路面凍結による交通障害などに注意を呼びかけている。

 気象庁によると、15日は、前線を伴った低気圧が日本の南海上を東北東に進むため、東海地方では山地を中心に雪が降り、15日昼過ぎにかけて大雪となる所がある見込み。平地でも積もる所があるという。

 16日6時までの24時間の降雪量は、いずれも多い所で、岐阜県山地:20cm、岐阜県平地:10cm、愛知県山地:10cm、愛知県平地:3cm、三重県:5cm、静岡県山地:5cmを予想する。

 ウェザーニューズも、各地で冷たい雨や雪を予想する。関東でも内陸ほど雪が降り、ウッスラ積雪する可能性がある。また、都心でも雨に雪が混じることがありそうだ。西日本では、雨は段々止んでくるという。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top