タグシクス・バイオとDNP、“人工DNA”配合で偽造を防止するインキを開発 | RBB TODAY

タグシクス・バイオとDNP、“人工DNA”配合で偽造を防止するインキを開発

エンタープライズ セキュリティ

人工DNAインキで印刷されたサンプル(リスの部分)
  • 人工DNAインキで印刷されたサンプル(リスの部分)
  • 拡大図
 理化学研究所のベンチャー企業であるタグシクス・バイオと大日本印刷(DNP)は12日、「人工DNA(デオキシリボ核酸)」を含有することで、偽造がきわめて困難な印刷用インキを開発したことを発表した。

 この「人工DNA含有インキ」は、第三者による模倣がほぼ不可能であり、高度な真贋判定が可能だという。国内外の紙幣やパスポート、有価証券や公的文書など、強固なセキュリティが求められる、“高付加価値印刷物”の偽造防止などに活用される見込み。

 DNAは、特殊な分析装置や解析技術があれば複製が可能だが、今回開発されたDNAインキは、タグシクス・バイオが開発した人工DNAを利用。4種の塩基(A,G,C,T)に加えて、人工的に作り出した塩基対が組み込まれており、第三者による模倣はきわめて困難とのこと。また、人が触れたりなど外部からDNAが混入した場合でも、区別可能となっている。さらに、保護インキで表面をコーティングすることにより、環境条件による悪影響を受けづらくした。

 人工DNA含有インキの真贋判定は、インキ内のDNAの有無を確認する簡易認証(最短で半日程度)、インキ内のDNAの塩基配列を解析し、真贋を判定する最終認証(最短で1日半程度)が用意されている。金券などの制作費は、50万枚を作る場合で、1枚あたり、DNAインキを使用しない場合の費用に対して10~20%程度の増加となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top