これまでにない「光る花」の研究開発に成功……NECソフトやNAISTら | RBB TODAY

これまでにない「光る花」の研究開発に成功……NECソフトやNAISTら

ブロードバンド テクノロジー

光る花(トレニア)
  • 光る花(トレニア)
 NECソフト、農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所、インプランタイノベーションズ、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の4者は5日、新規蛍光タンパク質を組み込んだ、光る「トレニア・フルニエリ」の共同開発に成功したことを発表した。

 蛍光染料による「光る花」は、イベント用途や贈答用として商品化されているが、植物自体の特性として蛍光を発するものはなかった。バイオ手法では、オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質等を植物に組み込むことで「光る花」を開発する試みはあったが、目視で確認できるほど強い蛍光を発する植物は作られていなかった。

 今回の開発で成功した「光る花」は、海洋プランクトンの一種である「キリディウス属」から発見された新規蛍光タンパク質の遺伝子情報を、遺伝子組換え技術を用いてトレニアに導入したという。

 暗闇のなかで特定の波長の光(励起光)を当てると、鮮やかな黄緑色の蛍光を実現した。研究面では、遺伝子発現を植物体のまま非破壊で解析する技術が大幅に向上する一方で、市場への「光る花」の提供が可能になったとのこと。今後は、植物体における蛍光タンパク質の活性維持法や観察および展示手法について研究を進める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top