愛する妻にやって欲しい習い事……第1位は「お料理教室」 | RBB TODAY

愛する妻にやって欲しい習い事……第1位は「お料理教室」

エンタメ 調査

パートナーの手料理に望むことは何ですか
  • パートナーの手料理に望むことは何ですか
  • パートナーの手料理は好きですか
  • パートナーの手料理から、自分への愛情を感じることがありますか
  • パートナーの手料理で好きな料理を教えてください
  • パートナーの手料理に飽きたと思ったことはありますか
  • 愛するパートナーに習って欲しい習い事を教えてください
  • あなたはパートナーが料理を習いたいと言ったら応援したいと思いますか
  • 「辻調理師専門学校/辻製菓専門学校 別科 通信教育講座」ページ
 辻調グループは7日、ネオマーケティングが運営するアンケート専門サイト「アイリサーチ」を利用して実施した、「パートナーの手料理に関するアンケート」の結果を発表した。調査期間は1月18日~21日で、パートナーを持つ30歳~59歳の男性300名から回答を得た。

■ 好きな料理は「肉じゃがなどの煮物」「シチューなどの煮込み料理」「カレー」などの定番料理にとどまる

 まず「パートナーの手料理は好きですか」と聞いたところ、「とても好き」(40.7%)、「好き」(53.0%)、「嫌い」(5.7%)、「とても嫌い」(0.7%)となり、「とても好き」と「好き」を合わせた93.07%が好感を持っていた。「パートナーの手料理から、自分への愛情を感じることがありますか」との質問でも、「いつも感じる」(42.0%)、「時々感じる」(40.7%)、「あまり感じない」(15.7%)、「まったく感じない」(1.7%)と肯定的になっている。毎日の活力となっているのは妻やパートナーの料理なのだ。

 具体的に「パートナーの手料理で好きな料理を教えてください」と質問すると、「肉じゃがなどの煮物」(54.7%)、「シチューなどの煮込み料理」(49.3%)、「カレー」(45.7%)がトップ3となり、以下「ハンバーグ」(40.3%)、「炒め物」(37.3%)、「パスタ」(31.0%)と続き、いわゆる定番料理の人気が高かった。

■ 手料理に飽きた人も4人に1人。マンネリ打破に求められるのは「バラエティ」「美味しさ」など!

 ところが、「パートナーの手料理に飽きたと思ったことはありますか」では、 「はい」(24.0%)、「いいえ」(76.0%)となり、“飽きたと思ったことのある人”も4人に1人の割合で存在。数値を見る限りでは「好きだけど、実は飽きてる」という層がいることが明らかとなった。そこで「パートナーの手料理に望むことは何ですか」と質問すると、「バラエティに富んだ料理を作って欲しい」(35.7%)、「美味しい料理を作って欲しい」(32.0%)が上位を占めた。

 また「愛するパートナーに習って欲しい習いことを教えてください」では、「特にない」(66.3%)としたもの以外では「料理教室などの料理関係」(15.0%)がトップで、その他を大きく引き離した。実際、「あなたはパートナーが料理を習いたいと言ったら応援したいと思いますか」という質問では、「とても応援したいと思う」(27.3%)、「応援したいと思う」(50.7%)を合わせた78%が応援したいと回答している。

■DVDを見ながら家庭で学べる料理の通信教育講座

アンケートの結果を見ると、手料理に望まれるのはバラエティの豊かさ、美味しさなどで、パートナーが希望すれば料理教室などに通うのを応援することも判明した。そこで活用できるのが、料理の通信教育。「辻調グループ」の辻調理師専門学校と辻製菓専門学校では、通信教育講座を別科として運営している。映像教材(DVD)を見ながら学べるため、実際に専門学校で教えている先生の手元やプロならではの技を、間近で目にできるのが特長だ、添削や年に数回のスクーリングも用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top