TVアニメ「うる星やつら」がデジタルリマスターHD化 キッズステーションで放送開始 | RBB TODAY

TVアニメ「うる星やつら」がデジタルリマスターHD化 キッズステーションで放送開始

80年代を代表するテレビアニメである『うる星やつら』が、デジタルリマスターHD版となって登場する。2月4日(月)より、キッズステーションでの放送がはじまる。

エンタメ その他
番組宣伝部長に任命された重盛さと美さん (c)高橋留美子/小学館
  • 番組宣伝部長に任命された重盛さと美さん (c)高橋留美子/小学館
  • (c)高橋留美子/小学館
80年代を代表するテレビアニメである『うる星やつら』が、デジタルリマスターHD版となって登場する。2月4日(月)より、キッズステーションでの放送がはじまる。
放映は毎週月曜日から金曜日まで、23時30分からとなっている。気軽に観ることの出来る時間でもあり、新しくなった映像で名作ラブコメディを楽しめる。

『うる星やつら』は、高橋留美子さんが「週刊少年サンデー」に連載したマンガが原作である。1981年に放送が始まり、1986年まで約4年半にわたって続く人気作品となった。美少女、SF、スラプスティックギャグ、ラブコメディなど、さまざま要素を盛り込んだ内容は、その後のマンガ、アニメにも多大な影響を与えている。
初代のチーフディレクターをつとめたのは、押井守さんである。本作の劇場版である『うる星やつら オンリー・ユー』で監督デビューし、以後、国際的な活躍をしていくことになる。他にも、脚本の伊藤和典さん、キャラクターデザインの高田明美さん、アシスタントディレクターの西村純二さんなど、現在も第一線で活躍するスタッフが揃った。森山ゆうじさん、山下将仁さん、北久保弘之さん、中嶋敦子さんなどの作画スタッフにも注目が集まった。劇場版は、テレビ放送終了後も含めて6作品が製作された。

『うる星やつら』は数多くの商品展開をおこなったが、なかでも、1987年に発売された50枚組のLD-BOXは話題となった。本商品の成功が、その後のDVD-BOXなどの高額な映像商品の先がけになったと言われている。
なお、2013年より、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションが、『うる星やつら』を初めてBlu-ray化し、全4セットを順次リリースしていく予定になっている。

今回の放送を記念して、キッズステーションではコミック文庫版『うる星やつら』全18巻などが当たるプレゼントキャンペーンを2月12日より(火)開始する。
また、タレントの重盛さと美さんを番組宣伝部長に任命し、さまざまなキャンペーンをくりひろげていく。2013年に『うる星やつら』が、再び話題になりそうだ。
[多摩永遠]

『うる星やつら(デジタルリマスターHD版)」
2月4日(月) キッズステーションにて放送スタート
毎週(月~金) 23時30分~ 他

キッズステーション公式サイト http://www.kids-station.co.jp
《animeanime》

関連ニュース

特集

page top