ソニー、液晶がスライドしてタブレットPCになる11.6型ノートPC「VAIO Duo 11」 | RBB TODAY

ソニー、液晶がスライドしてタブレットPCになる11.6型ノートPC「VAIO Duo 11」

IT・デジタル ノートPC

「VAIO Duo 11」の「SVD11229CJB」
  • 「VAIO Duo 11」の「SVD11229CJB」
  • タブレットPCとしての利用イメージ
  • キーボードをスライドさせるイメージ
  • キーボードをスライドさせるイメージ
 ソニーは29日、同社製ハイブリッドノートPC「VAIO Duo 11」で新たに「SVD11229CJB」を発表した。販売開始は2月9日。価格はオープンで、予想実売価格は150,000円前後。ソニーストアでも取り扱う。

 同製品は、Surf Slider方式でキーボードのスライド収納が可能なノートPC。液晶がタッチパネルで、キーボード収納時にはタブレットPCのように使えるハイブリッドタイプとなる。

 2012年10月発売の秋冬モデルから仕様を変更し、CPUはデュアルコアのCore i5-3337U(1.8~2.7GHz)を採用した。

 ディスプレイは解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応したタッチパネルの11.6型液晶(16:9)で、指先でのタッチ操作のほか付属のデジタイザースタイラス(ペン)によるペン入力に対応する。

 OSはWindows 8 64ビット版、メモリは4GB、ストレージは128GB SSD。ワイヤレスは802.11b/g/nのほかWiMAXとBluetoothに対応。近距離無線通信規格のNFC(Near Field Communication)を搭載。インターフェースはHDMI/USB3.0/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ/カードスロットなど。GPS/加速度センサー/ジャイロ/地磁気センサーのほか、リアとフロントにそれぞれ207万画素"Exmor R for PC" CMOSセンサー搭載フルHDウェブカメラなどを内蔵する。

 バッテリの連続駆動時間は約7時間で、別売バッテリ装着時は約14時間の長時間駆動が可能。本体サイズは幅319.9×高さ17.85×奥行き199mm、重さはバッテリ含む約1.305kg。本体カラーはブラックで、VAIOオーナーメードモデルはシルバーも用意する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top