NEC、台湾でO2O事業を展開……台湾の飲食クチコミサイト「iPeen」と提携 | RBB TODAY

NEC、台湾でO2O事業を展開……台湾の飲食クチコミサイト「iPeen」と提携

エンタープライズ 企業

「iPeen」トップページ
  • 「iPeen」トップページ
  • 「iPeen」地域紹介ページ
  • HongKuの概要
 日本電気(NEC)は24日、台湾最大の飲食店クチコミサイト「iPeen(アイピーン)」を運営する紅谷資訊股分有限公司(HongKu)と提携したことを発表した。消費者と店舗をつなぐ新たなO2O型サービス事業を、台湾で展開する。

 「iPeen」は、登録店舗数約10万店舗、月間利用者数216万人の台湾最大の飲食店クチコミサイト。HongKuの顧客基盤と、NECのスマートデバイス向けアプリケーション開発ノウハウや外食店舗向けソリューションを活用し、新たなサービスモデルを創出するとのこと。具体的には、HongKuがiPeenの加盟店に対して、NECの「NECモバイルPOSサービス」によるPOS機能、CRM機能を提供する。これにより高度な売上分析・顧客分析が可能となる。さらに、クーポン発行・ポイント付与・オンライン予約などのサービスも提供する。

 またNECは今回の提携にあたり、NEC台湾を通して、HongKuへの出資と取締役1名の派遣を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top