ヤフーと凸版、「イクスピアリ」クリスマスイベントでO2O実証実験を実施 | RBB TODAY

ヤフーと凸版、「イクスピアリ」クリスマスイベントでO2O実証実験を実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ICタグ内蔵スマートポスターを使ったタッチラリー
  • ICタグ内蔵スマートポスターを使ったタッチラリー
  • クリスマスイベントのイメージ(サンタのワンダーガーデン)
  • フォトロケーションイメージ
  • 施設内マップ
 ヤフー、凸版印刷、イクスピアリの3社は6日、イクスピアリが開催するクリスマスイベントと連動し、インターネットとリアル店舗を結ぶO2O(オンライン・トゥ・オフライン)ビジネスの可能性を検証する実証実験を行うことを発表した。

 この実験では、イクスピアリで開催されるクリスマスイベント「イクスピアリ・クリスマス・ワンダーランド」において、ジオサービス「Yahoo!ロコ」の「地図 Yahoo!ロコ」アプリ内の新機能「施設内マップ」とNFC対応スマートフォンを活用し、来場者向けにタッチラリー「イクスピアリ・クリスマス・タッチラリー」を開催するもの。期間は11月15日~12月25日までの41日間。

 タッチラリーは、今年から場所を変更して設置されたイクスピアリの新規クリスマスツリーを、「地図 Yahoo!ロコ」の「施設内マップ」をたよりに探すというプログラムになっている。参加には、「地図 Yahoo!ロコ」および本企画専用アプリケーション「イクスピアリ・クリスマス・タッチラリー」のダウンロードが必要。

 各タッチポイントには、凸版印刷のNFCコンテンツ配信サービス「Cylsee(シルシー)」を活用したICタグ内蔵スマートポスターが設置されている。このポスターをNFC対応スマートフォンでタッチ(またはQRコードを読み取り)すると、ツリーに飾るオーナメントをスマートフォン上に収集できるというもの。最後にツリーが設営されている「サンタのワンダーガーデン」でカメラ機能を起動し、ツリーを撮影すると、サプライズも用意されているとのこと。

 実証実験では、オンライン(PCやスマートフォン)を起点としたプロモーションによる実店舗への集客効果、スマートフォンを活用して施設内でのみ取得できる情報や特典などのインセンティブが購買行動や顧客満足度の向上へ与える影響などが検証される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top