NVIDIA、「Tegra 4」搭載、4K出力にも対応した次世代ポータブルゲーム機「project SHIELD」発表 | RBB TODAY

NVIDIA、「Tegra 4」搭載、4K出力にも対応した次世代ポータブルゲーム機「project SHIELD」発表

IT・デジタル その他

AndroidベースでありながらWindowsのゲームもプレイ可能な次世代ゲーム機「project SHIELD」
  • AndroidベースでありながらWindowsのゲームもプレイ可能な次世代ゲーム機「project SHIELD」
  • 正面カット
  • ディスプレイを閉じたところ
  • コントローラー部
 NVIDIAが新型モバイルプロセッサ「Tegra 4」を搭載したポータブルゲーム機「project SHIELD」を、米ラスベガスで開催される「2013 International CES」で発表した。発売時期、価格などは明らかにされていない。

 「project SHIELD」はAndroidベースでありながらWindowsのゲームもプレイできるなど複数のオープンプラットフォームに対応した世界初のポータブルゲーム機。Android機器として、Google Playのあらゆるゲームがプレイできるほか、無線LAN経由でGeForce搭載PCと接続すればPC用ゲームも楽しめる。

 心臓部となる「Tegra 4」は、72コアのカスタムGeForce GPUと、ARMの最新型CPUコアであるCortex-A15を初めてクアッドコアとしたCPUで構成。加えてバッテリセーブ型コアと省エネルギーのPRISM 2テクノロジーも搭載されており、長時間のプレイが可能。

 ディスプレイは、5インチのRetinaディスプレイ。解像度は1280×720ピクセルのマルチタッチ対応。背面にはインターフェースとしてUSB、HDMIが装備されており、CESの発表会では4Kディスプレイでのデモを行っており、4K出力にも対応している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top