森永「PARM」、年間販売本数が3億本を突破……1分に約10本売れた計算に | RBB TODAY

森永「PARM」、年間販売本数が3億本を突破……1分に約10本売れた計算に

エンタメ その他

「PARM(パルム)」ブランドサイト
  • 「PARM(パルム)」ブランドサイト
  • 「PARM(パルム)」現状のラインナップ
 森永乳業のアイスクリームブランド「PARM(パルム)」は28日、2012年1月~12月累計販売本数が3億本を超える見込みだと発表した。この本数は、1秒間に約10本売れていることになり、日本人1人あたり、年間2.3本食べている計算となる。また、3億本分の「PARM(パルム)」を積み上げると、その距離は北海道と沖縄の往復分以上の長さになるそう。

 「PARM(パルム)」は、“日常のちょっとした贅沢”を提供する“デイリープレミアム”アイスクリームバーとして2005年春に発売開始。以来、売上を伸ばし、2012年1月~12月累計のメーカー出荷金額では、前年同期比135%を見込んでいる。

 今年3月、4月には、1本入りタイプの「PARM(パルム) チョコレート&チョコレート」、「PARM(パルム)アーモンド&チョコレート」を発売し、1本入りタイプのラインナップを拡充。5月には、「PARM(パルム)」のコンセプトである“デイリープレミアム”に、新たに“リゾート”の要素を取り入れた「PARM(パルム) ピュレコーティング オレンジ&バニラ」を新発売。また、9月には本格的な抹茶の味わいを追及した「PARM(パルム) 抹茶」、12月には本格的ないちごの味わいが楽しめる「PARM(パルム) ザ・ストロベリー」を発売した。現在6本入りのマルチパックタイプ、1本入りタイプを合わせて12種類販売しており、こだわりである「なめらかさ、口どけ、コク」は守りつつ、多様化するニーズに応えられるよう、ラインナップを拡充してきたことが、支持される秘訣ではないかとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top