【年末年始】大晦日から元日の2時間、「おめでとうコール・メール」は控えて | RBB TODAY

【年末年始】大晦日から元日の2時間、「おめでとうコール・メール」は控えて

ブロードバンド 回線・サービス

タツからの最後のお願い、ヘビからの最初のお願い。
  • タツからの最後のお願い、ヘビからの最初のお願い。
  • スマホ(イメージ)
 電気通信事業者協会と携帯電話・PHS事業者各社は、大晦日から元日の約2時間、「おめでとうコール・メール」をなるべく控えるよう呼びかけている。回線が混雑して、通話がつながりにくくなったり、メール配信に遅延が発生したりするためだ。

 大晦日から元日の、午前0時ごろから約30分間をピークに、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイがつながりにくくなることが予想されている。メールについては午前0時ごろから約2時間にわたり、配信遅延が発生する可能性がある。また事業者が、やむをえずケータイの利用を一時的に制限する場合がある。

 回線の制限について、たとえばソフトバンクモバイルでは、通話に規制をかける予定はないが、メールには23時50分〜0時10分の間で最大60%の制限の可能性を予想する。KDDI auも未明0時ごろから30分間ほど、メールに制限をかける準備をしている。いずれも制限するかしないかは状況次第で、制限の規模も未定だ。

 大晦日から元日の回線混雑は例年だが、事業者によると混雑状況は近年あまり変わっていない。auで、制限の%(パーセンテージ)が若干緩和されているような印象、とのこと。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top