長野県民の長寿の秘訣は「減塩」にあった!? | RBB TODAY

長野県民の長寿の秘訣は「減塩」にあった!?

エンタメ その他

長寿一位の長野県式減塩ごはん
  • 長寿一位の長野県式減塩ごはん
  • 長寿一位の長野県式減塩ごはん
  • 厚生労働省「都道府県別生命表」より
  • 長野県は日本一野菜を食べる県
  • 長寿一位の長野県式減塩ごはん
 マイナビは、長寿日本一を誇る長野県で「減塩食」の普及に努めてきた「長野県栄養士会」監修の下、塩分控えめの長野の学校給食献立を家庭用にアレンジしたレシピ集『長寿一位の長野県式減塩ごはん ~調味料の塩分早見表マグネット付き~』を12月27日に発売する。

 長野県の平均寿命は、昭和40年には男性で全国9位、女性は26位だった。その後、平成2年に男性で1位となり、最新の調査までトップを維持している。また、女性は平成12年に3位となり、最新の調査では5位。男女の平均順位としては47都道府県で『長寿NO.1』である。

 この長寿達成の背景には、長野県が脳卒中での死亡率が全国で上位となり、脳卒中や高血圧を引き起こす塩分の摂取量も多かったために開始した、約30年前から取り組んできた「県民減塩運動」があった。「減塩教室」の開催や「減塩パネル」「減塩カレンダー」の作成・配付などの啓発活動を実施したほか、「減塩みそ」の開発も行われた。また、長野県は「野菜を食べようキャンペーン」を実施し、体内の余分な塩分(ナトリウム)を外に出すカリウムを多く含む野菜の摂取増加を促すため、学校給食に旬の野菜や地元野菜を豊富に使うなど、県民の野菜摂取を促進する取り組みを行っている。

 このような、県をあげての健康・長寿への取り組みが、長寿をもたらしたといえる。同書では、県の様々な取り組みに協力してきた「長野県栄養士会」の監修の下、旬の野菜を豊富に使い、減塩に配慮された主菜・副菜・汁物・主食から成る献立を約1ヶ月分紹介する。家族できちんとした食生活を送りたい人、健康を維持したい人がすぐに実践できるレシピ集である。

 同書掲載レシピ以外の調理の際にも減塩を心がけられるよう、「調味料の塩分早見表(マグネットシート)」が付録としてついてくる。また、同書には減塩生活のヒントとなるコラム(調味料を使用するコツ、外食時に心がけることなど)も収録されている。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top