フィリップス、「Fidelio」初のBluetoothスピーカー……斜め置きで低音重視など角度調節で音質アレンジ可能 | RBB TODAY

フィリップス、「Fidelio」初のBluetoothスピーカー……斜め置きで低音重視など角度調節で音質アレンジ可能

IT・デジタル 周辺機器

斜め置きで低音重視など角度調節で音質アレンジ可能。Bluetooth対応の「P9」
  • 斜め置きで低音重視など角度調節で音質アレンジ可能。Bluetooth対応の「P9」
  • ホワイトモデル
 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは14日、オーディオブランド「Fidelio」の新製品としてBluetooth対応の「P9」を発表。発売は2013年2月、価格はオープンで予想実売価格は29,800円前後。

 同社は、2013年に“プレミアム&ワイヤレス”をテーマにラインナップ拡充を図る予定にしており、この「P9」はその第一弾製品となる。また、「Fidelio」シリーズ初のワイヤレスポータブルスピーカーでもある。

 前面に6基のスピーカー、背面に2基のパッシブラジエーターを搭載。定格出力は10W×2chで、Bluetooth 2.1+EDR、プロファイルはA2DPに対応。筐体はアルミ合金を用いたフルメタルボディに木製パネル、手縫いのレザーカバーというデザインを採用した。このレザーカバーはスタンドとして利用でき、縦置き、斜め置きなどが可能。縦置きの際はボーカル重視、斜め置きは低音重視といった“音のデザイン”が行える機構となっている。

 内蔵バッテリーを搭載しており、Bluetooth使用時で最大約8時間の連続再生が可能。本体側面にUSB端子も備えており、スマートフォンなどを充電することもできる。本体サイズは幅287mm×高さ125mm×奥行55mm、重量は1.3kg。カラーはブラックとホワイトの2色。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top