映画館で観たいお正月映画、男女の違いクッキリ……男性はエヴァなどアニメ人気 | RBB TODAY

映画館で観たいお正月映画、男女の違いクッキリ……男性はエヴァなどアニメ人気

エンタメ 調査

「映画館で観たいと思うお正月映画」男性1位は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
  • 「映画館で観たいと思うお正月映画」男性1位は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
  • 「家族と観たいと思うお正月映画のジャンル」調査結果
  • 「映画館で観たいと思うお正月映画」調査結果
 クリスマスや正月に向け、新作映画が続々と封切られるこのシーズン。「来年の正月に観たい映画」など映画に関する意識調査の結果が発表された。

 同調査は、マーケティングリサーチを行うネオマーケティング社が映画の視聴経験がある全国の20歳~49歳の男女500名を対象に実施したもの。調査結果によると、「家族と観たいと思うお正月映画のジャンル」については「アクション」(36%)との回答が1位に。次いで2位に「アニメ」(34%)がランクイン。以降は、3位「SF・ファンタジー」(33%)、4位「コメディ」(29.8%)、5位「ヒューマンドラマ」(27.8%)と、それぞれ家族全員で楽しめるジャンルが僅差で並んだ。

 また、年末年始に封切られる2013年のお正月映画の中で「映画館で観たいと思う作品」については、男女全体では1位がヴィクトル・ユゴー原作の英ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」(12月21日公開)。2位以下は、アニメ映画「ワンピースフィルムZ」(12月15日公開)、異色時代劇「大奥」シリーズの第2弾「大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇」(12月22日公開)、井上真央主演のコメディ「綱引いちゃった!」(現在公開中)、アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(現在公開中)など、日本映画作品が並んだ。

 ただ、男女別にみると、全体1位の「レ・ミゼラブル」は女性では変わらず1位だったが、男性では3位という結果に。一方、男性の1位に輝いた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は、女性では8位に。また、女性2位の「大奥~永遠~右衛門佐・綱吉篇」は、男性では7位と、男女で違いが見られた。

 同調査は、11月29日~12月3日の5日間でインターネット上で実施された。
《花》

関連ニュース

特集

page top