重要なのは胸よりお尻? 女性に聞いた「キレイに見せたい場所」 | RBB TODAY

重要なのは胸よりお尻? 女性に聞いた「キレイに見せたい場所」

エンタメ 調査

体型の崩れ
  • 体型の崩れ
 千趣会が運営するベルメゾン生活スタイル研究所では、女性の生活スタイルや意識についての調査を行っている。今回は、ベルメゾンデッセ会員のうち、20代から50代の女性1,065人に、体型変化とその対策についてアンケート調査を実施した。

 現在の体型に満足している女性はわずか9.8パーセントと1割弱にとどまっている。年代別では、20代7パーセント、30代10パーセント、40代10パーセント、50代9パーセントで、大きな差は見られなかった。体型の崩れを感じる部分を複数回答で答えてもらったところ「お腹」「お尻」「ウエスト」がトップ3だった。20代から40代は同じ結果だったが、50代の3位は「ウエスト」ではなく「顔」という結果になった。

 バストラインとヒップライン、どちらをきれいに見せたいかの質問には、「ヒップライン」と答えた人が68.1パーセントで、バストラインと答えた人の倍以上になった。

 スタイル良く見せるためにしていることは、「アウターのコーディネートでスタイルよく見せる」がトップで、「補整機能のあるインナーを着用する」が続いた。その一方で「機能付きアウターやスタイルよく見えるデザインのアウターなどを意識して着用している」人は26.1パーセントとなった。自由回答では「補整機能付きインナーなどは締めつけ感に苦手意識があり着用を諦めている」という記述が多かった。

 「体型カバー」「補整機能付き」「着痩せ」「スタイルアップ」4つの言葉の中から最も興味をひく言葉を選んでもらうと、最も多かったのは「スタイルアップ」で45.3パーセントだった。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top