インテル、超低消費電力のサーバー用プロセッサー「Atom S1200」ファミリー発表 | RBB TODAY

インテル、超低消費電力のサーバー用プロセッサー「Atom S1200」ファミリー発表

エンタープライズ ハードウェア

インテル Atom プロセッサーS1200製品ファミリーの外観
  • インテル Atom プロセッサーS1200製品ファミリーの外観
  • インテル Atom プロセッサーS1200製品ファミリーの外観
  • インテルは、将来へのビジョンとして、グリーンデータセンターの必要性を訴求している
 インテルは12日、サーバー用プロセッサーの新ラインアップ「インテル AtomプロセッサーS1200製品ファミリー」を発表、出荷を開始した。世界で初めて消費電力6ワットを実現した、低消費電力システム・オン・チップ(SoC)となっている。

 「インテル Atom プロセッサーS1200製品ファミリー」は、32nmプロセスの業界初の低消費電力SoCとして、データセンターに求められる機能を備えた製品となっている。2つの物理コアを備え、インテル ハイパースレッディング・テクノロジーにより合計4つのスレッドが処理可能。64ビット、最大8GBのDDR3メモリ、ECC(Error Correcting Code)などもサポートする。製品ファミリーは、動作周波数1.60GHz~2.0GHzの範囲で3製品が提供される。いずれもキャッシュサイズは1MB、コア / スレッド数は2/4となる。

 また、インテル Atom プロセッサーS1200製品ファミリーは、現在データセンターでもっとも一般的に使用されているx86ソフトウェアとの互換性を備えており、新しい低消費電力機器を簡単に既存のデータセンターに統合することが可能とのこと。

■製品ラインアップ
製品名(型番):インテル Atom プロセッサーS1260
動作周波数:2.00 GHz
TDP:8.5W

製品名(型番):インテル Atom プロセッサーS1240
動作周波数:1.60 GHz
TDP:6.1W

製品名(型番):インテル AtomプロセッサーS1220
動作周波数:1.60 GHz
TDP:8.1W
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top