NTT、全社員を対象に最新ICT技術を活用した「健康増進トライアル」を開始 | RBB TODAY

NTT、全社員を対象に最新ICT技術を活用した「健康増進トライアル」を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

健康増進トライアルの概要
  • 健康増進トライアルの概要
  • 健康増進トライアルシステムの概要
  • トライアル参加者の取り組みイメージ
 日本電信電話(NTT)、NTT健康保険組合、NTT東日本関東病院は10日、生活習慣病の効率的・効果的な予防に向け、NTT全社員約3000人を対象にICT技術を活用した「健康増進トライアル」を開始した。

 NTT、NTT健保、関東病院は、産業医であるNTT東日本首都圏健康管理センターの協力の下、2012年6月よりNTTモニタ社員200人を対象に、ICTを活用した健康増進トライアルを行っていた。また、テルウェル東日本との連携により、10月より社員食堂において低カロリー、減塩メニューを提供してきた。今回このトライアルをNTT全社員へ拡大し、健康増進の取り組み効果の本格検証を実施する。

 トライアルでは、社員の継続的な健康増進への取り組みの支援策として、簡単な操作で健康状態の記録・見える化を行う最新のICT技術等とともに、職場のコミュニティを活用した施策を実施する。また、関東病院の保健医学的ノウハウを活用した生活習慣病予防・管理プログラムを開発する。

 具体的には、参加者へNFC(Felica Plug)に対応した活動量計等を貸与、スマートフォンとのタッチによりPHR(Personal Health Record)へのデータの自動登録、スマートフォン上でのグラフ表示による成果の見える化等を行う。また、Continua設計ガイドラインに準拠した最新のBluetooth内蔵体重計と血圧計を職場へ設置し、体重や血圧の計測・登録と、データ見える化を簡便に実現する。

 その他、トライアルの実施計計画策定と評価を行い、効果的な健康増進の取り組みに向けてPDCAサイクルを導入する。さらに、トライアルによって得られた運動等への取り組み状況と、体重、血圧等の健康情報、健診データ、生活習慣病関連医療費等の相関を分析し、定量的に評価する計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top