gooからだログ、コンティニュア体組成計とスマホを連動させるサービス開始 | RBB TODAY

gooからだログ、コンティニュア体組成計とスマホを連動させるサービス開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「コンティニュア規格」対応体組成計とスマホが連携
  • 「コンティニュア規格」対応体組成計とスマホが連携
  • UC-411PBT-C
  • UC-411PBT-C主な仕様
 NTTレゾナントは、クラウド型健康管理サービス「gooからだログ」にて、世界標準規格である「コンティニュア規格」対応の体組成計と、パソコンやスマートフォンとを連携させる新しいサービスを開始した。

 これにあわせエー・アンド・デイは、世界初となる、一般消費者向けコンティニュア規格対応・無線機能内蔵の体組成計「UC-411PBT-C」を同日より発売。またシャープは、同規格の対応に必要なスマートフォン向けの専用ミドルウェアを提供する。

 新サービスでは、コンティニュア対応体組成計および血圧計で測定した、体重・体脂肪・筋肉量・血圧などの健康データを、パソコンやスマートフォンを介して自動収集し、ネットを使ってクラウドベースで管理できる。本サービスを利用するユーザーは、簡単な操作で、体脂肪や筋肉量などのデータを日々記録し、データの推移をグラフ表示して把握することで、健康増進やダイエットなどに役立てることができる。また、専用ミドルウェア「SHヘルスケアインターフェイス」の開発により、これまでのパソコンからの利用に加え、スマートフォンからも利用できるようになっている。

 「UC-411PBT-C」は、50g単位の高精度体重計。データ送信は、Bluetooth規格Class1を採用、通信距離は100m(障害のない場所)、時計内蔵でバックアップメモリ最大200回、登録人数5人分となっている。ネット通販サイト「NTT-X Store」で購入可能で価格は12,800円(税込)。

 「SHヘルスケアインターフェイス」では、従来のFelicaインターフェイスに加え、コンティニュア規格にも準拠することで、より多くの健康機器とスマートフォンとの連携をサポートした。本ミドルウェアをもとに、今後は他のスマートフォン向け健康サービス・健康アプリケーションの対応も検討するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top