「コラーゲンに関する正しい知識を」……ナチュラルローソン新メニュー、開発担当者が語る | RBB TODAY

「コラーゲンに関する正しい知識を」……ナチュラルローソン新メニュー、開発担当者が語る

エンタメ その他

ナチュラルローソンの「コラ活」新メニュー
  • ナチュラルローソンの「コラ活」新メニュー
  • 記念撮影 手に持っているのは「コラーゲン元気度測定」の結果
  • 試食風景
  • 試食風景
  • ローソンのコラーゲンシリーズ ラインナップ
  • コラーゲンとは、細胞をつなぎとめる糊のようなもの
  • コラーゲンの認知度は高いが、正しい情報を知らない人が多い
  • 「コラ活」のロゴとイメージキャラクター リサちゃん
 ローソンが展開するナチュラルローソンの店舗において、4日から、コラーゲンを効果的に摂取できる新商品が4種類発売される。この新商品は、「コラ活実行委員会」の活動の中で生まれたものだ。

 「コラ活実行委員会」とは、食を通じて健康を考えるローソンと、コラーゲン活用の化粧品を展開するリサージ、カネボウ化粧品、そして、コラーゲンにまつわる美食の街、香港への旅行を推進するキャセイパシフィック航空で組織される、コラーゲンに関する情報発信を目的とする団体である。「コラ活」は、コラーゲンを正しく理解し、大切にする美容活動の総称。

 同委員会では上記新商品の発売を控え、そのお披露目を兼ねた関係者による座談会を開催した。座談会のメンバーは、リサージ側が富樫氏、田村氏、川俣氏、伊藤氏、荻野氏の5名。ローソンから、稲葉氏、横田氏、田口氏、熊谷氏の4名の合計9名となる。

 横田氏は「12月はクリスマスや各種パーティー、イベントなど、まさに女子の月です。しかし冬の乾燥、パーティーや忘年会で寝不足など、肌あれも気になります。そこでローソンは、栄養素としてのコラーゲンに注目し、この時期の女子にうれしい商品を開発しました」と述べ、新商品を紹介した。

 最初のメニューは「野菜と春雨の生姜スープ」。開発を担当した田口氏が「生姜の香りと辛みで、秋・冬にうれしいメニューとして開発しました。生姜が血行をよくして体もあたたまります」と紹介。血行が良くなれば肌荒れ対策やコラーゲンの補修・代謝にもよくなる。この商品で摂取できるコラーゲンの量は約1,000mgだそうだ。

 熊谷氏が担当したのは「ハニーマスタードチキンとコブサラダ」サンドイッチ。スパイシーなソースでチキンとサラダ、つまりコラーゲンとたんぱく質、食物繊維、ビタミン類も摂取できるという優れもの。ちなみに「コブサラダ」とは昆布サラダのことではなく、レタス、アボカドやゆでたまご、鶏肉または七面鳥を使ったサラダのことだ。同氏は、「コラーゲン入り杏仁豆腐」の開発も担当している。杏仁豆腐にコラーゲンを配合し、練乳仕込みでコクのある甘みが特徴だ。女子には杏仁豆腐について説明は不要だろう。これでコラーゲンが採れるとなれば、食べるなといっても食べたくなるのではないか。

 最後のメニューは「海老と蒸し鶏のフォー」。フォーはナチュラルローソンでは人気の定番メニューだそうだが、今回は「コラ活」メニューとしてリニューアルされている。パクチーを用いずレモンと韮を添えたのが特徴だそうで、パクチーが苦手な人にも食べやすくなっている。しかも、コラーゲンとレモンは、「コラーゲンを体内で生成するにはビタミンCが不可欠なので、効果的な組み合わせです」と荻窪氏が絶賛する。鶏がらスープの威力で約2,500mgのコラーゲンが摂取できるという。

 ここで、リニューアルされた「海老と蒸し鶏のフォー」の試食タイムとなった。参加者は配られたフォーを食べながら、「魚醤の味わいが本格的ですね」「229キロカロリーとローカロリーなのもうれしい」、男性からは「夜食にいい」「味がしっかりついていて美味しい」といった声があがっていた。

 試食タイムの後は、コラ活実行委員会代表の挨拶と活動への想いとして、田村氏が次のように語ってくれた。 「リサージでは20年もの間、コラーゲンの美容効果を研究してきましたが、その20周年を記念してコラ活という活動を展開できることをうれしく思っています。今後も食べるコラーゲンとつけるコラーゲンという2つのアプローチで、美容や健康に関する情報を発信していきたいと思います」。

 その一方で田村氏は「女性への意識調査では、コラーゲンの認知度は高いのですが、実際に摂取を心掛けている人はあまり多くありません。コラーゲンに関する正しい情報をもっと多くの女性に知ってもらいたたいとの想いがコラ活の原点です」とした。

 また、リサージの荻野氏は「コラーゲンは、人体では水分の次に多い重要な成分です。そして、肌のハリ、うるおい、透明感を出すために必要な栄養素で、新しいコラーゲンには色がありません。しかし、古いコラーゲンは黄色くくすんできます。そのため、新しいコラーゲンを生成し、代謝させなければならないのですが、くすみは30代から始まっています」といったコラーゲンに関する知識を解説した。

 コラーゲンは日々の摂取が重要であり、今回のローソンのメニューのように手軽にかつシリーズ商品で飽きがこない形で摂取できれば、肌を内面から健康にするための効果が期待できるだろう。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top