日本マイクロソフト、「Windows 8アプリ検証ラボ」設立……企業向け導入を支援 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、「Windows 8アプリ検証ラボ」設立……企業向け導入を支援

 日本マイクロソフトは29日、Windows 8タブレットの法人向け導入を支援する「Windows 8アプリ検証ラボ」を、日本マイクロソフトの大手町テクノロジーセンター(東京都千代田区大手町1-1-3大手センタービル1階)内に開設した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Windows 8 アプリ 検証ラボ」ページ
  • 「Windows 8 アプリ 検証ラボ」ページ
  • Windows 8 導入支援サービス提供パートナー企業(五十音順)
 日本マイクロソフトは29日、Windows 8タブレットの法人向け導入を支援する「Windows 8アプリ検証ラボ」を、日本マイクロソフトの大手町テクノロジーセンター(東京都千代田区大手町1-1-3大手センタービル1階)内に開設した。

 「Windows 8アプリ検証ラボ」では、デバイス パートナー各社が提供する最新の法人向けWindows 8タブレットを設置し、タッチ操作やペン入力に対応するなど、Windows 8に最適化された業務アプリを検証する環境および設備を提供する。各デバイスでのアプリの動作確認、パフォーマンス検証をはじめ、クラウドサービスなどのマイクロソフトのソリューションとの連携も含めて検証が可能。実施日時は、12月3日~2013年3月29日の期間(休日、マイクロソフト指定休業日を除く)。

 パートナーごとに専用の検証ルームを用意。検証環境は、2台の物理サーバー(XEON X 5675 3.06GHz)に仮想サーバーとしてマイクロソフトのサーバー製品をインストールした状態で提供する。また検証ルームは5名~6名用となる。

 来年3月末までに、法人ユーザーのタブレット導入プロジェクト40案件で本ラボの活用を目指す。2013年4月以降の展開については、本ラボの検証状況を見ながら、検討する予定。また、17社のパートナー企業より、37のWindows 8導入支援サービス、対応アプリが順次提供される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top