グリー、SNS「GREE」をワールドワイド展開へ……日英を含む14ヵ国語に対応、Webアプリ配信も | RBB TODAY

グリー、SNS「GREE」をワールドワイド展開へ……日英を含む14ヵ国語に対応、Webアプリ配信も

ブロードバンド ウェブ

「GREE」トップページ
  • 「GREE」トップページ
  • GREE Developer Centerの「GREE Platform」解説ページ
  • 「GREE Platform for Web Application」解説ページ
 グリーは14日、Webブラウザ向けに最適化されたソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」を、日英を含む14ヵ国語に対応させ、世界中のユーザーに向けて提供を開始することを発表した。

 SNS「GREE」とともに、自社で開発・運営している人気ソーシャルゲームをはじめとしたWebアプリについても、順次グローバルに提供を開始する。また、グローバルユーザー向け決済手段として、「PayPal」のほか、VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4ブランドに対応したクレジットカード決済、最大166のキャリア決済を新たに導入する。

 あわせてグリーは、スマートフォン/フィーチャーフォン向けアプリケーション提供環境である「GREE Platform」を、Webアプリ向けにも拡大したことを発表した。

 現在、HTML5などのWebアプリ開発環境の進歩により、OSやデバイスの仕様の違いを意識することなく、一度の開発でAndroid/iOS向けWebアプリが提供可能となりつつある。「GREE Platform」では、Android/iOS向けネイティブアプリをメインに、最大169の国と地域でシームレスにアプリケーションの提供が可能だったが、今回の拡大により、デベロッパー(GREEパートナー)は、グローバル展開を視野に入れたWebアプリの登録・公開が可能になるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top