ドコモ、7.7インチ有機ELディスプレイ搭載の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を25日に発売 | RBB TODAY

ドコモ、7.7インチ有機ELディスプレイ搭載の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を25日に発売

IT・デジタル モバイル

「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
  • 「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
 NTTドコモは22日、2012年秋モデル新製品「ドコモタブレット GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を25日に発売すると発表した。

 「ドコモタブレット GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、7.7インチ有機ELディスプレイ(SUPER AMOLED PLUS)を搭載、鮮やかな大画面で動画やインターネットが楽しめるほか、GALAXY最薄の厚み7.9mmを実現し携帯性にも優れている。GALAXY Tabとしては初めてワンセグや、スマホ向け放送局「NOTTV」にも対応。高速通信Xiにも対応している。CPUは1.5GHzデュアルコア、OSはAndroid 4.0。内蔵メモリーは、ROMが32GB、RAMが1GBとなっている。

 本体サイズは約197×133×7.9mmで、重さは約345g。バッテリーは7インチクラスで最大の5100mAhを搭載。同時接続8台までのWi-Fiテザリングに対応。カラーはLighe Silverの1色。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top