富士通と香川大、特別支援を必要とする子どもたちをサポートするスマホアプリ公開 | RBB TODAY

富士通と香川大、特別支援を必要とする子どもたちをサポートするスマホアプリ公開

 富士通と香川大学は12日、発達障がい(学習障がい・自閉症など)や知的障がいがある、特別な支援を必要とする子どもたちや支援者・保護者などを対象にした「特別支援スマホアプリ」を開発したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
特別支援スマホアプリ「絵カード」
  • 特別支援スマホアプリ「絵カード」
  • 特別支援スマホアプリ「タイマー」
  • 特別支援スマホアプリ「筆順漢字」
  • 特別支援スマホアプリ「筆順ひらがな」
  • 特別支援スマホアプリ「感情」
  • 全5種類のアプリが無償提供されている
 富士通と香川大学は12日、発達障がい(学習障がい・自閉症など)や知的障がいがある、特別な支援を必要とする子どもたちや支援者・保護者などを対象にした「特別支援スマホアプリ」を開発したことを発表した。

 「特別支援スマホアプリ」は、「タイマー」「絵カード」「筆順 ひらがな」「筆順 教育漢字」「感情」の5つのスマートフォン(AndroidOS)用アプリケーションで構成されており、これらのアプリケーションは、“時間の経過”“伝えたいことやスケジュール”“漢字・ひらがな・カタカナ・数字の筆順”“表現したい気持ちやその度合”を視覚化して表示できるものとなっている。富士通が開発し、2011年7月~2012年3月の期間に香川大学と共同で有効性について実証実験を行い、機能や操作性を改善した。

 実証実験では、筆順アプリケーションのなぞり書きを使用したことで、書字の誤りが減少し、書字に対する自信や意欲が向上した事例や、感情アプリケーションを使用したことで表現の幅が広がり、従来はどの様な場面でも「楽しい」と言う表現しかできなかった子どもが、「疲れた」や「嬉しい」など適切な感情表現ができるようになった事例などの効果が得られたという。

 スマートフォンの視覚的な表現の多様性を活用し、概念的な情報を視覚化することで、子どもたちの理解を助けるのが狙い。またタッチ操作で簡単に利用できることで利用可能な対象者を広げた。

 アプリは約1年間無償で公開される予定で、GooglePlayのサイトからダウンロード可能。Android OSのバージョン2.3、4.0に対応する。ドコモスマートフォンF-12C(AndroidOS2.3)、ARROWS X F-10D(AndroidOS4.0)など、ワイドVGA(480×800)以上で、タブレット機種を除く端末で動作する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top