ドコモと韓国KT、NFCを活用した電子マネーの国際相互利用を検討へ | RBB TODAY

ドコモと韓国KT、NFCを活用した電子マネーの国際相互利用を検討へ

エンタープライズ モバイルBIZ

韓国KT社サイト
  • 韓国KT社サイト
  • 電子マネーサービス「Cashbee」サイト
 NTTドコモと韓国の通信事業者KT社は9日、NFCを活用した電子マネーの国際相互利用を検討することで合意したことを発表した。

 ドコモとKT社は、2005年に事業・技術協力委員会(Business & Technology Cooperation Committee)を設立し、昨年2月より、日韓間におけるシームレスな、スマートフォンを利用したNFCサービス相互利用の検討および仕様策定を進めていた。

 今後両社、韓国のNFC電子マネー事業者eB Card(イービーカード)社とともに、イービーカードが提供する電子マネーサービス「Cashbee」を、今後ドコモが発売するスマートフォンを使って利用できるようにするための検討を行う。「Cashbee」サービスは、2010年8月にロッテグループのイービーカード社が開始したNFC対応のプリペイド型電子マネーサービス。韓国国内のロッテグループのデパートやコンビニ、地下鉄、バス、タクシーなど約5.2万か所での利用が可能となっており、ユーザー数は500万人にのぼるという。

 ドコモとKT社は、それぞれの国のユーザーが両国のNFCサービスを利用できる環境を、2013年度上期に構築することを目指す。第一弾として、ドコモのスマートフォンで「Cashbee」を利用可能とする。また日韓両国のサービスプロバイダによる、電子マネー、クーポン、交通などさまざまな分野のNFCサービスの相互展開の可能性を探るとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top