「数学甲子園2012」海陽学園海陽中等教育学校Dチームが優勝 | RBB TODAY

「数学甲子園2012」海陽学園海陽中等教育学校Dチームが優勝

エンタープライズ その他

数学甲子園2012 本選結果
  • 数学甲子園2012 本選結果
  • 数学甲子園2012
 日本数学検定協会は10月3日、「数学甲子園2012」(第5回全国数学選手権大会)の結果を発表した。全国87校147チームが参加し、熱戦の末に4度目の出場となる海陽学園海陽中等教育学校Dチームが優勝した。

 数学甲子園は、全国の中学生・高校生が団体戦で数学の能力を競う大会。数学の問題を解く力だけではなく「問題解決能力」「チームワーク力」「創作力」「プレゼンテーション能力」など幅広い能力が問われる。5回目となる今回は、過去最高となる全国87校147チームが参加。本選は東京ベルサール飯田橋ファーストで9月16日(日)に開催した。

 本選には23校31チームの学生約200名が参加し、準々決勝、準決勝を経て上位6チーム、海陽学園海陽中等教育学校Dチーム(高校3年生/5人)、攻玉社中学校・高等学校数学研究愛好会チーム(高校2年生/4人)、千葉県立長生高等学校Aチーム(高校3年生/3人)、愛知県立明和高等学校Pioneerチーム(高校3年生/5人)、開成高等学校(高校1年生/5人)、渋谷教育学園渋谷中学高等学校Aチーム(高校2年生/5人)が決勝へと挑んだ。

 見事優勝を果たした海陽学園海陽中等教育学校Dチームは予選29位、準々決勝では15位、準決勝では6位とギリギリでの通過だったが、決勝ステージ2では礼儀正しさと素晴らしいプレゼンテーションで会場内の人々をひきつける、目覚ましい活躍をみせた。

 選手全員が寮の仲間である海陽学園海陽中等教育学校Dチームは決勝のステージ2では特に担当の山本先生の日ごろからチームワークを大切にする教えが役立ち、リーダーの渡辺さんは「強豪校がそろう中で『優勝』という結果が残せたのは、昨年から共に戦ってきた5人の力が発揮できたからです。学問に打ち込む楽しさを教えてくれたのが数学であり、これからも学ぶ姿勢を持ち続けたい」と語る。

 準優勝は愛知県立明和高等学校Pioneerチーム(予選8位、準々決勝9位、準決勝3位)、敢闘賞は攻玉社中学校・高等学校数学研究愛好会チーム(予選13位、準々決勝10位、準決勝5位)、今年新たに設定された特別賞トライアルでは、愛知県立時習館高等学校Aチームに落語家の林家久蔵さんより「林家久蔵賞」が、若いメンバーながら検討を見せた栄光学園中学校・高等学校πチームには「ベストホープ賞」が送られた。
《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top