CTC、スーパーコンピュータを使用したクラウドサービスを提供開始 | RBB TODAY

CTC、スーパーコンピュータを使用したクラウドサービスを提供開始

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1日、スーパーコンピュータを使用したクラウドサービスの提供を発表した。第1弾として、自動車、電力、プラント業界で利用実績のある汎用熱流体解析ソフトウェア「FINAS/CFD」の提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「FINAS/CFD」による、自動車の空気抵抗の解析
  • 「FINAS/CFD」による、自動車の空気抵抗の解析
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1日、スーパーコンピュータを使用したクラウドサービスの提供を発表した。第1弾として、自動車、電力、プラント業界で利用実績のある汎用熱流体解析ソフトウェア「FINAS/CFD」の提供を開始する。

 科学・工学計算系のクラウドサービス「engineering cloudage」のラインナップを拡充し、計算科学振興財団(FOCUS)のスパコンシステムを使用して、CTCが独自開発したソフトウェアをサービス提供する。FOCUSスパコン専用のWebサイトにログインし、大規模・高速演算シミュレーションをインターネット経由で利用することが可能。利用料金は、1時間単位の従量課金制と、ソフトウェアごとに異なる月定額利用料で利用できる。

 「FINAS/CFD」は、CTCが培ってきた流体解析とコンピュータシミュレーションに関する技術をもとに開発した熱流体解析システム。非構造格子を用いており、CAD形状を取り込むことで複雑な流動や伝熱計算を行うことが可能。熱伝達、輻射、乱流、自由表面などのモデルが組み込まれており、さまざまな熱流動問題に適用できる。

 以降、大規模非線形構造解析ソフトウェア「FINAS/STAR」、電磁波解析ソフトウェア「MAGNA/TDM」、超音波解析ソフトウェア「ComWAVE」を10月中に順次提供する予定。「FINAS/STAR」と「FINAS/CFD」とが連携することにより流体/構造連成解析を行うことができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top