スパコン「京」、戦略プログラム利用枠の優先課題が決定 | RBB TODAY

スパコン「京」、戦略プログラム利用枠の優先課題が決定

 文部科学省は3日、スーパーコンピュータ「京」の“戦略プログラム利用枠”の優先課題・研究開発課題について、選定結果を公表した。“戦略プログラム利用枠”は「京」の利用可能資源の約50%に相当する。

エンタープライズ その他
「京」の計算資源配分
  • 「京」の計算資源配分
  • “戦略プログラム利用枠”重点配分枠の優先課題(7課題)
  • “戦略プログラム利用枠”一般配分枠の研究開発課題(24課題)
  • HPCI戦略プログラム
  • HPCI戦略プログラムによって期待される成果の例
 文部科学省は3日、スーパーコンピュータ「京」の“戦略プログラム利用枠”の優先課題・研究開発課題について、選定結果を公表した。“戦略プログラム利用枠”は「京」の利用可能資源の約50%に相当する。

 文部科学省においては、「京」を活用することにより、社会的・学術的に大きなブレークスルーが期待できる5つの戦略分野を定め、戦略機関を中核に関係機関が連携して研究等を行う「HPCI戦略プログラム」を実施しており、「京」を活用し、早期に画期的な成果の創出を目指している。特に、“戦略プログラム利用枠”のうちの約40%(「京」全体の約20%)を「重点配分枠」とし、戦略プログラムで実施中の課題のなかから、「京」の能力を最大限利用しなければできない大規模計算であって、早期に成果があげられそうな「優先課題」を10課題程度選定するとしている。

 今回、これらについて、優先課題7件・研究開発課題24件が、登録施設利用実施機関(登録機関)である高度情報科学技術研究機構において初めて選定された。「京」は9月末より共用開始が予定されている。

 重点配分枠の優先課題とされた7件は、「心疾患のマルチスケール・マルチフィジックスシミュレーション」「創薬応用シミュレーション」「全原子シミュレーションによるウィルスの分子科学の展開(対象:小児マヒウイルスの感染機構)」「密度汎関数法によるナノ構造の電子機能予測に関する研究(対象:シリコンナノワイヤー/シリコン上ゲルマニウムハットクラスター)」「全球雲解像モデルによる延長予測可能性の研究」「乱流の直接計算に基づく次世代流体設計システムの研究開発(対象:自動車、船舶、ポンプ水車)」「ニュートリノ加熱による超新星爆発シミュレーション」となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top