パナソニックST、「パッチアラート情報収集代行サービス」提供開始 | RBB TODAY

パナソニックST、「パッチアラート情報収集代行サービス」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「パッチアラート情報収集代行サービス」のイメージ
  • 「パッチアラート情報収集代行サービス」のイメージ
  • サービスラインアップ
 パナソニックグループのパナソニック ソリューションテクノロジーは7日、複数メーカーのサーバー機器やサーバーOSのアラート情報を収集し、必要な情報だけを抽出して提供する「パッチアラート情報収集代行サービス」を開始した。

 「パッチアラート情報収集代行サービス」は、・さまざまなメーカーが提供するアラート情報をまとめて収集し、専門技術に精通したスタッフが必要な情報だけを抽出し、ユーザーに提供するもの。複数メーカー、機種の情報もまとめて管理可能。技術英語の日本語訳にもオプションで対応する。

 基本サービスは、所定のフォーマットで提供される。サービス提供時間は平日9時00分~17時30分で電子メールにより通知、Excelファイル形式での提供となる。

サービスタイプは、1ヶ月ごとの報告(年間12回の報告)が税込1,260,000円~、3ヶ月ごとの報告(年間4回の報告)が630,000円~、6ヶ月ごとの報告(年間2回の報告)が315,000円~となる。対象OSは、Red Hat Enterprise Linux 4/5/6、Oracle Solaris。対象ハードウェアはHP ProLiant Serverシリーズ、富士通 PRIMERGYシリーズ、Oracle Sunサーバーとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top