まったく新しい“スーパーマン”誕生の物語……来夏公開の「マン・オブ・スティール」2本の特報映像公開![動画] | RBB TODAY

まったく新しい“スーパーマン”誕生の物語……来夏公開の「マン・オブ・スティール」2本の特報映像公開![動画]

エンタメ 映画・ドラマ

まったく新しい“スーパーマン”誕生の物語……来夏公開の「マン・オブ・スティール」2本の特報映像公開![動画]
  • まったく新しい“スーパーマン”誕生の物語……来夏公開の「マン・オブ・スティール」2本の特報映像公開![動画]
  • まったく新しい“スーパーマン”誕生の物語……来夏公開の「マン・オブ・スティール」2本の特報映像公開![動画]
 “スパイダーマン”“アベンジャーズ”“バットマン”などのヒーローの原点ともいえる“スーパーマン”。製作に『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン、監督は『ウォッチメン』『300(スリーハンドレッド)』のザック・スナイダーというタッグで、74年の歴史を持つこのヒーローの新たな誕生の物語を描くのが、2013年夏に公開予定の『マン・オブ・スティール』だ。

 今回、その公開に先駆けて、早くも特報映像と劇場用ポスター第1弾が解禁となった。特報映像は、主人公の父親役の二人、ケビン・コスナー版とラッセル・クロウ版の2本。同じ映像に、それぞれ別のナレーションが挿入されており、二人の父親それぞれの立場からのナレーションによって、ヒーローとして生きる事を宿命づけられたクラーク・ケントの葛藤を予見させるかのような構成になっている。公開1年前から2本の特報を製作するのはハリウッドでも異例の試みだという。映像に派手なアクションシーンなどは一切なく、誰もが知るあのテーマ曲も完全に封印。ダークで物静かなトーンの映像の中で、主人公クラーク・ケント(スーパーマン)が新聞記者ではなく、荒々しい海に繰り出す漁師としての姿や、放浪の旅の様子が描かれている。

 劇場用ポスター第1弾も、お馴染みの“S”のマークを胸に刻む以外は、今までのイメージを一新するダークなビジュアルを採用している。スーパーマンのコスチュームは、従来の全身青色タイツ姿から、アメリカンフットボールのプロテクターのような立体的なビジュアルに一新。色は深みのあるダークブルー、“S”字のロゴもメリハリにあるデザインとなった。

 キャストだが、主演のスーパーマンには新人のヘンリー・カヴィルを抜擢。3度アカデミー賞にノミネートされた、エイミー・アダムスがデイリー・プラネットの記者ロイス・レインを、同じくアカデミー賞にノミネートされた、ローレンス・フィッシュバーンが副編集長のペリー・ホワイトを演じる。クラーク・ケントの養父母、マーサとジョナサン・ケントに、アカデミー賞ノミネートのダイアン・レインと、アカデミー賞受賞のケビン・コスナーをそれぞれ起用。スーパーマンに戦いを挑むのは、アカデミー賞ノミネートのマイケル・シャノン演じるゾッド将軍。その邪悪な相棒ファオラにアンチュ・トラウェ。スーパーマンの実母ララ・ロー=ヴァンにジュリア・オーモンド、実父ジョー=エルにアカデミー賞受賞のラッセル・クロウ。さらに、アメリカ軍スワンウィック将軍をハリー・J・レニックス、ハーディー大佐をクリストファー・メローニーが演じる。

■ケビン・コスナー編
■ラッセル・クロウ篇
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top