オンラインストレージ「KDrive」の無料容量が最大50GBに……Mac版アプリも提供開始 | RBB TODAY

オンラインストレージ「KDrive」の無料容量が最大50GBに……Mac版アプリも提供開始

ブロードバンド 回線・サービス

オンラインストレージ「KDrive」
  • オンラインストレージ「KDrive」
  • Mac版アプリ「KDrive for Mac(β)」
 キングソフトは22日、同社のオンラインストレージサービス「KDrive」(ケードライブ)の無料容量を登録時30GB、最大50GBに増量したほか、ラインナップにMac版アプリ「KDrive for Mac(β)」を新たに追加した。

 これまで、「KDrive」の無料容量は2GB(友だち招待で最大10GB)までとして提供していたが、サービス拡充にともない、無料で利用できる容量を最大で50GBに増量。新規登録時には30GBからスタートし、ログイン後、チェックインボタンのクリック、友だち招待のほか、「KINGSOFT Office」のシリアルナンバーを入力するなど無料容量を追加する各種サービスにより、最大で50GBに増量できる。有償の容量追加サービスには新たに月額版が用意され、30GBは月額500円、50GBは月額800円、100GBは月額1,500円で追加利用が可能となっている。

 また同社は、大容量保存、同期機能を搭載したオンラインストレージサービスとして、Mac版アプリ「KDrive for Mac(β)」の提供を「KDrive」公式サイトにおいて開始。Mac版「KDrive for Mac(β)」をインストールすると、コンピュータ内に同期フォルダが作成され、Mac上で作成した文書や写真をアップロードすれば、iPhone、iPad、Android向けの「KDrive」専用アプリから閲覧できるようになる。また、iPhoneアプリ「KDrive」と連携することで、iPhoneからアップロードした写真やメール添付ファイルをMac上で編集、閲覧することも可能。

 そのほか、iPhoneアプリ「KDrive」、「KDrive for Android」のほか、Windows向け「KDrive クライアントソフト」の新バージョンも発表された。

 iPhoneアプリ「KDrive」の新機能「クラウドカメラ」は、撮影した写真がローカルに残ることなく、オンラインストレージ上の「クラウドアルバム」に自動アップロードする機能で、iPhoneの容量を気にすることなく利用できる。iPhoneアプリ「KDrive」及び、「KDrive for Android」の「クラウドアルバム」は、オンラインストレージ上の写真をフォルダ毎にアルバム化、サムネイル表示で閲覧できるというもの。さらに、iPhoneアプリ「KDrive」、「KDrive for Android」でもPCと同機能である「共有」設定が行えるようになり、スマートフォン上で友人などと繋がる機能がより強化されている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top