MDM製品の最新版を発表、コンプライアンスやポリシー機能など強化(ソフォス) | RBB TODAY

MDM製品の最新版を発表、コンプライアンスやポリシー機能など強化(ソフォス)

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ソフォス株式会社は8月14日、モバイルデバイス管理(MDM)製品の最新版「Sophos Mobile Control 2.5」を発表した。最新版では、多くのデバイスで共通する設定についてワークフローを活用して最適化することが可能になり、IT管理者はワンクリックで共通タスクの大部分を完了できる。また、Active Directoryと連携させることで既存のITインフラと容易に統合できる。既存のグループに新しく登録されたデバイスを自動的に割り当て、関連するポリシーをこれらのデバイスに適用できるため、導入時の負荷を大幅に削減するという。

また、Webベースの管理コンソールを更新しインタフェースを強化、詳細でグラフィカルなレポートが追加された。さらにモバイルクライアントのエージェントアプリに、デバイスのコンプライアンス状況、コンプライアンス違反となっている理由や問題を解決するためにユーザが実施する必要があるアクションを把握できる機能を追加した。セキュリティポリシーの強化も行っている。これらにより、IT関連のコストや時間を軽減できるだけでなく、企業は従業員の持つ個人のデバイスの企業への持ち込みや使用(BYOD)を迅速、安全に許可できるようになった。
《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top