セブン&アイ、店舗とネットを融合する新サービス「オムニ7」開始……系列8社が参加 | RBB TODAY

セブン&アイ、店舗とネットを融合する新サービス「オムニ7」開始……系列8社が参加

 セブン&アイ・ホールディングスは24日、リアルとネットを融合させたECサービス「omni7」(オムニセブン)を11月1日より提供することを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「omni7」ロゴ
  • 「omni7」ロゴ
  • 「omni7」サイトイメージ
  • 統一の梱包箱を使用
 セブン&アイ・ホールディングスは24日、リアルとネットを融合させたECサービス「omni7」(オムニセブン)を11月1日より提供することを発表した。

 「omni7」は、コンビニエンスストア、百貨店、スーパー、専門店などの業態に関係なく、いつでもどこでもあらゆる商品・サービスを利用できるスタイルを目指すものだ。「omni7」サイトを中核にさまざまなオリジナル商品を提供。2018年度までに約600万品目の品揃えを目指す。

 あわせて、全国に約18,000店を展開するセブン‐イレブン店舗で、商品の留置きサービスを拡大するとともに、店舗での返品・返金サービス、店舗でのお急ぎ受取りサービス(関東1都6県、約7,000店)、店舗への365日配送(関東1都6県、約7,000店)、店舗での接客端末による御用聞き(当初6,000店、順次拡大)などを行う。

 「omni7」に参加するのは、セブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピング、セブン&アイ・フードシステムズ、セブンカルチャーネットワークの計8社。サイト、ロゴ、梱包箱などのデザインは統一したものを使用する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top