ソフォス、企業向けデータ暗号化ソフトとMDMソフトの最新版を同時発売 | RBB TODAY

ソフォス、企業向けデータ暗号化ソフトとMDMソフトの最新版を同時発売

エンタープライズ セキュリティ

「SafeGuard Enterprise 6.1」管理画面
  • 「SafeGuard Enterprise 6.1」管理画面
  • 「Sophos Mobile Control 4.0」管理画面
  • UTM(統合脅威管理)アプライアンスとの連携機能を強化
  • iOS向けモバイルコンテンツ管理(MCM)機能
 ソフォスは9日、企業のクライアントPC向けデータ/ハードディスク暗号化ソフトウェアの最新版「SafeGuard Enterprise 6.1」と、モバイルデバイス管理(MDM)ソフトウェアの最新版「Sophos Mobile Control 4.0」の提供を開始した。

 「SafeGuard Enterprise 6.1」は、PCのハードディスク、USBメモリなどのリムーバブルディスク、社内ネットワークにおける共有ファイル、クラウドストレージ上のファイルのデータを暗号化し、従業員が扱う機密データの保護と盗難・紛失対策を行う製品。

 今回、ハードディスクの暗号化のみの対応だったMac版においても、リムーバブルディスク、共有ファイル、クラウドストレージ上のファイルにまで暗号化対象を拡張した。またWindowsのBitLockerおよびMacのFileVault2で暗号化されたクライアントPCも一元管理できる機能を追加した。

 「Sophos Mobile Control 4.0」は、企業で利用するスマートフォンやタブレットなどを一元管理するMDM製品。

 最新版では、ソフォスのUTM(統合脅威管理)アプライアンスとの連携機能を強化。本機能により、ポリシーなどコンプライアンス違反のデバイスは、ソフォスのUTMの管理下にあるアクセスポイント(Sophos AP)への接続やソフォスのUTMと接続するリモートアクセスVPNへの接続が自動的に拒否されるようになった。Android搭載デバイス向けにWebフィルタリング機能を、iOS向けにモバイルコンテンツ管理(MCM)機能をそれぞれ追加した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top