2011年の国内バーチャルマシンソフト市場、前年比43.0%の高成長……IDC調べ | RBB TODAY

2011年の国内バーチャルマシンソフト市場、前年比43.0%の高成長……IDC調べ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
国内仮想化ソフトウェア市場 売上額予測: 2011年~2016年
  • 国内仮想化ソフトウェア市場 売上額予測: 2011年~2016年
 IDC Japanは2日、2011年における国内仮想化ソフトウェア市場規模実績と2016年までの市場規模予測を発表した。

 これによると、2011年の国内バーチャルマシンソフトウェア(ハイパーバイザー)市場規模は、前年比43.0%増の280億3,200万円、2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は17.5%と予測された。一方、2011年の国内バーチャルクライアントコンピューティング市場規模は、前年比7.4%増の141億6,900万円、2011年~2016年のCAGRは7.4%と予測された。

 国内バーチャルマシンソフトウェア市場の高成長は、節電対策やディザスターリカバリー対策として投資が増加したことが高成長を後押ししたと見られる。これを受けIDCでは、2016年には627億円市場に達すると予測している。

 国内バーチャルクライアントコンピューティング市場の約80%はプレゼンテーション仮想化を実現するバーチャルユーザーセッション市場が占めており、2011年は3.6%増の成長にとどまった。デスクトップ仮想化を実現するデスクトップバーチャライゼーション市場は、構成比が約13%ではあるものの2011年の成長率は44.8%と高い数値を示しており、今後が期待される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top