若さのポイントは肌! 効率の良い「肌コラーゲン」生成が“肌魔女”になる秘訣! | RBB TODAY

若さのポイントは肌! 効率の良い「肌コラーゲン」生成が“肌魔女”になる秘訣!

エンタメ 調査

実年齢よりも下に見られることが多いか?
  • 実年齢よりも下に見られることが多いか?
  • 若さと肌の状態の関係性は?
  • 肌魔女になりたいか?
  • 若さや美肌に必要な成分は?
  • 一般のコラーゲンの吸収イメージ
  • 紫外線の影響
  • 紫外線の影響
  • 肌コラーゲンの合成速度を30%促進するアミノ酸組成を発見
 味の素は、40~69歳の女性500名を対象に、「若さ」に関する意識調査を実施した。同調査から、40~60代女性の多くは自身の若さを自覚しており、71%が自分のために「若くありたい」と思っていることがわかった。また、「若さ」や「美肌」を維持するために摂取する成分として「コラーゲン」の人気が高い一方で、成分に対する知識は乏しい女性が大半であるという事実が明らかになった。

■40~60代女性、若く見られる人の見た目年齢は、「実年齢マイナス6.3歳」!                                         
 まず最初に、「実年齢」と「見た目年齢」の差を聞いたところ、約7割(66%)の女性が「下に見られることが多い」と回答。現代の40~60代女性たちの多くは、実年齢よりも若く見られているようだ。「下に見られることが多い」と回答した人の「見た目年齢」の平均は、「マイナス6.3歳」という結果に。また、回答者全員の「見た目年齢」の平均値は、「実年齢マイナス3.9歳」だった。

■女性の89%が「見た目年齢の決め手は“肌”」、約7割が「肌魔女になりたい」                                             
 実年齢よりも見た目年齢が若い40~60代の女性たちは、若さを維持するためにどのようなことをしているのだろうか。

 「若さを保つために、意識的に取り組んでいることはありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は41%。具体的に行っていることとしては、「肌質が変わるので、同じ化粧品ばかりを使い続けない。(41歳・岩手県)」「毎日、簡単でも良いからメイクをする。(48歳・大阪府)」「日焼けに気を付け、基礎化粧品は良いものを使用し、定期的にエステを利用する。(63歳・長野県)」など、肌に気を使っているという回答が多くを占めた。

 そこで、「見た目の若さを左右するポイントは“肌の美しさ”だと思いますか?」と質問すると、実に89%の女性が「そう思う」と回答。肌の状態の中でも、「肌の“ハリツヤ”の有無」、「肌の“シワ”の有無」が見た目年齢を左右すると答えた人はともに96%、「肌の“弾力”の有無」、「肌の“潤い”の有無」が左右すると答えた人はそれぞれ94%という結果になった。「あなたは肌魔女(年齢を感じさせない肌の美しさを保っている女性)になりたいと思いますか?」という質問には、68%と約7割が「そう思う」と回答。いつまでも若々しくあるために、多くの女性たちが肌の美しさを求めていることが分かる。

■肌魔女になる必須アイテムは「コラーゲン」! しかし、知識は誤解だらけ                                             
 女性たちに「若さや美肌を保つために、摂取している成分はありますか?」と聞くと、56%と半数以上が「ある」と回答。「具体的にどのような成分を摂取しているか」を聞くと、「コラーゲン」(62%)、「ビタミンC」(59%)のほか、「ヒアルロン酸」(35%)、「カルシウム」(24%)、「ビタミンE」(23%)などが上位にあがった。特に最も多かった「コラーゲン」については約6割の女性が摂取しており、女性たちの中で美肌づくりに欠かせない成分として認識されている様子がうかがえる。

 こうした「コラーゲン」について、女性たちはどの程度理解をしているのか。まず、「コラーゲン」そのものに関する知識を問うために、「ヒトの体内のたんぱく質のうち、コラーゲンが占める量は、何%くらいだと思いますか?」と質問したところ、6割以上の人が「わからない」と回答。ちなみに、実際の解答は「約30%」だが、正解率はわずか6%だった。

 さらに、「コラーゲン」を正しい知識をもって摂取できているかについても調べた。コラーゲンは高分子のため、体内へ吸収されにくく、低分子のコラーゲンを摂取する方が良いと言われているが、「体内への吸収のされやすさを意識してコラーゲンを摂るようにしている」女性は、わずか35%。体内のコラーゲンの「量」自体は年齢を重ねても大きく変わることはなく、加齢の影響を受けて、新しい肌コラーゲンを作るコラーゲン合成の速度が落ちてくるが、この点について正しく理解している人は少なく、「体内のコラーゲンの量は、加齢とともに減少していくと思う」という誤った認識をしている女性は87%にのぼった。

 そこで味の素では、エイジング・スペシャリストでNPO法人アンチエイジングネットワーク理事等も務める朝倉匠子氏に、紫外線によるシワや乾燥などのダメージから回復するための夏の肌ケアや、多くの女性が興味を示している「肌コラーゲン」を効率良く作るための方法や有効成分などについて話を聞いた。

■“肌コラーゲン”に対する誤解・・・肌コラーゲン合成速度を高める成分とは?
 朝倉氏によると、「予防」と同じく重要になってくるのが、浴びてしまった紫外線の「ケア」。紫外線によるダメージは「光老化」を引き起こし、肌を乾燥させ、たるみやシワ、キメの粗さの原因につながる。そのため、若々しく美しい肌を保つためには、浴びてしまった紫外線を、しっかりとケアしてあげることが重要なのだという。また、調査の中で多くの女性が摂取していると回答した「コラーゲン」などを積極的に摂ることも、有用であるとした。人間の皮膚は、大きく「表皮」と「真皮」に分けることができ、この「真皮」部分の約7割を占めているのがコラーゲン。この「肌コラーゲン」は、水分保持能力が高く、肌のハリや弾力を保つ働きを持っており、「真皮」での肌コラーゲンの合成速度が速ければ、「表皮」の新陳代謝もスムーズに行われる。

 しかし、とにかく「たくさんの量のコラーゲンを摂取することが重要」というのは大きな間違いだそう。コラーゲンはたんぱく質の一種であり、体内に吸収される際には、他のたんぱく質と同じくアミノ酸に分解される必要があるが、コラーゲンは高分子で、アミノ酸がらせん状に結合しているため、ヒトの消化管(消化液)では分解しきれないという特徴があるとのこと。コラーゲンを摂取する上では、食べた「量」よりも、「分子の大きさ」に注目する必要があり、最近では「超低分子コラーゲン」というものがあるが、コラーゲンの分子が小さいと、体内に吸収されやすくなる。

 「食べたコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンになる」というのも誤りで、コラーゲンは体内でアミノ酸に分解され、腸管から吸収される。そうした体内のアミノ酸が原料となって、自らの力で肌のコラーゲンは合成して作られるという。また、加齢と肌のコラーゲンの作る速さについて、肌のコラーゲンを作る早さとなる、「肌コラーゲンの合成速度(サイクルの回転速度)」に注目することも重要とコメント。肌コラーゲンを作る合成速度(サイクルの回転速度)は、加齢とともに衰えていき、カラダ全体のコラーゲンの量自体は大きく変わらなくても、年齢とともに新しい肌コラーゲンが作られる速度が遅くなり、古いコラーゲンが多く肌に存在するようになる。古いコラーゲンが多く存在していると、肌のシワやたるみを引き起こす原因にもなるという。

 効果的にコラーゲンを摂取するポイントについては、そもそもコラーゲンの元になっているのは「たんぱく質」で、多数の「アミノ酸」が結合してできているということから、美肌のためには、肌の潤いと弾力をつかさどる肌コラーゲンを効率良く作ってくれる「アミノ酸」を摂取することが重要であるとした。そのため、健康的な食事で上手に良質なたんぱく質を摂るなど、生活の中で賢く工夫することが大切とのことだ。

■アミノ酸「BCAA+グルタミン」の摂取により、肌コラーゲンを作る速度が30%高まることを世界で初めて発見!

 「加齢」はコラーゲン合成に大きな影響を与える。肌コラーゲンは、紫外線や活性酸素など、さまざまな影響で「古く」なり、この肌コラーゲンの合成速度が遅くなってくると、ぷるぷるしたお肌のもとになる新しい肌コラーゲンを作る速度も遅くなり、古くガチガチとした肌コラーゲンの割合が高くなってしまう。このコラーゲンの状態が、肌の「見た目」にもあらわれるようになる。

 また、さまざまな肌ダメージの原因となり得るのが紫外線だが、最新の研究ではこの「紫外線」を浴び続けると、「コラーゲン合成量」が減少するということが新たに判明した。紫外線を浴びると、コラーゲンの基となる「プロコラーゲンmRNA」の量が低下し、なおかつコラーゲンの分子を破壊する「コラーゲン分解酵素 mRNA」が上昇。また、味の素の研究成果により、紫外線照射によってコラーゲンの「合成速度」が低下することもわかっており、紫外線を浴びることで、皮膚のコラーゲン量は減少や変性を起こし、シワやたるみなどの皮膚老化につながると考えられる。

 そもそも肌コラーゲンは、グリシンなどアミノ酸から作られる特殊なたんぱく質の1種。同社では、様々なアミノ酸の摂取により肌コラーゲンの合成速度に良い影響を及ぼすアミノ酸研究を続け、「BCAA+グルタミン」という4種類のアミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン、グルタミン)を独自に組み合わせ、紫外線照射下(日常生活に近い形で)で、肌コラーゲンの合成速度を30%促進するアミノ酸組成を発見した。味の素では、こうしたアミノ酸研究をもとにしたサプリメントとして、「ぷるぷるアミノとコラーゲン」などを発売している。
《白石 雄太》

特集

page top