NTT、世界最高密度の光ファイバケーブルを開発……究極に細く軽量化 | RBB TODAY

NTT、世界最高密度の光ファイバケーブルを開発……究極に細く軽量化

ブロードバンド テクノロジー

光ファイバ実装密度を極限まで高めた世界最高密度の光ケーブル
  • 光ファイバ実装密度を極限まで高めた世界最高密度の光ケーブル
  • 新しい光ファイバケーブルの適用領域
  • 高密度実装と一括接続が可能な間欠接着型光ファイバテープ
 日本電信電話(NTT)は4日、同社のNTTアクセスサービスシステム研究所が、光通信に用いる世界最高密度の屋外配線用多心光ファイバケーブルを開発したことを発表した。この新ケーブルは7月下旬から、NTT東日本およびNTT西日本において順次導入される予定。

 新たに開発した光ファイバテープと、曲げによる光損失を抑制した光ファイバを用い、これまでのケーブル構造を抜本的に見直すことにより、光ファイバケーブル内の実装密度を極限まで高めることに成功したという。電柱間および引上管路区間に適用することを目的に、24心~200心の光ファイバが実装されており、従来のスロット型光ファイバケーブルと比べて最大約30%の細径化と約60%の軽量化を実現している。具体的には、200心のケーブルで、直径16mmのものが直径11mmになる。

 光ファイバケーブルはガラス材料であるため、溝(スロット)が設けられた円柱状のプラスチックである「スロットロッド」や緩衝材によって保護されるようになっている。新しい光ファイバケーブルでは、低曲げ損失光ファイバを新たに採用することで、スロットロッド等を用いずに、光ファイバを限りなく高密度に集合させるとともに、安定した伝送特性を実現した。また、現在広く用いられている外径0.25mmの低曲げ損失光ファイバ心線4本を、並列させて間欠的に接着した、間欠接着型光ファイバテープを限りなく高密度に実装した。これにより、ひずみを抑制することが可能で、かつ従来の光ファイバテープと同様に一括接続を可能とした。

 今後は光ファイバ心線数や他の適用領域に応じた構造の光ファイバケーブルについて検討を進めるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top