ソニー、32GBデータを3.8分で転送! CFを超える高速XQDメモリカード発表 | RBB TODAY

ソニー、32GBデータを3.8分で転送! CFを超える高速XQDメモリカード発表

IT・デジタル デジカメ

64GB「QD-S64」
  • 64GB「QD-S64」
  • 32GB「QD-S32」
 ソニーは2日、高速メモリカード「XQD」の「S」シリーズを発表した。販売開始は11日。価格はオープンで、予想実売価格は、64GB「QD-S64」が60,000円前後、32GB「QD-S32」が40,000円前後。ソニーストアでも取り扱う。

 「XQD」メモリカードは、プロ用デジタル一眼レフカメラ向けモデル。今回発表の「S」シリーズは、コンパクトフラッシュ(CF)のインターフェース速度理論値である167MB/秒を超え、実効速度168MB/秒という業界最速クラス(同社調べ、7月2日現在)の高速メモリカードとした。

 合計32GBのデータ転送が3.8分に相当。約10コマ/秒のRAW高速連写時に最大108枚撮ることが可能な計算なるという。また、市販の対応カードリーダーと同社のXQD エクスプレスカードアダプタを経由し、Thunderbolt搭載パソコンへも高速転送が可能。Thunderbolt対応のデバイスドライバーは7月下旬よりダウンロード提供する予定。

 誤って撮影画像を削除した場合も、簡単な手順でファイル復旧が可能なパソコン用ソフトウェア「メモリーカードファイルレスキュー」を7月下旬より無償ダウンロード提供予定。RAWやMOV、AVCHD、3D動画・静止画など幅広いファイル形式に対応する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top