東芝、HD動画も保存可能なmicroSDHCカードをサンプル出荷……「SeeQVault規格」採用 | RBB TODAY

東芝、HD動画も保存可能なmicroSDHCカードをサンプル出荷……「SeeQVault規格」採用

 東芝は26日、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault(シー・キュー・ボルト)規格」に準拠したmicroSDHCメモリカードを製品化し、AV機器メーカーなど向けに3月下旬からサンプル出荷を開始することを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
ライセンスドメディアの構造(NSM Initiatives資料より)
  • ライセンスドメディアの構造(NSM Initiatives資料より)
  • サンプル品の概要
  • Next Generation Secure Memory Initiativeサイト
 東芝は26日、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault(シー・キュー・ボルト)規格」に準拠したmicroSDHCメモリカードを製品化し、AV機器メーカーなど向けに3月下旬からサンプル出荷を開始することを発表した。

 「SeeQVault規格」は、東芝、パナソニック、サムスン電子、ソニーが共同開発した次世代著作権保護技術を定めた規格。SDメモリカードなどのフラッシュメモリを利用したさまざまなストレージデバイスに向けた高次元のコンテンツセキュリティを実現する新規格として、NSM Initiatives LLC(Next Generation Secure Memory Initiative)から、2月25日に技術ライセンスが開始された。

 サンプル出荷されるのは、16GBと32GBの2種類。転送速度はUHS-Iに対応し、UHS Speed ClassはU1に対応する。なお従来のSDメモリカードに搭載されているCPRM技術についても搭載する。

 これまでのメモリカードでは、コンテンツ保護の観点から、HD画質の放送コンテンツやネットワークダウンロード動画を保存することはできなかった(SD画質でのみ可能)。今後、SeeQVault規格の普及により、液晶テレビやブルーレイレコーダーでSDメモリカードに録画したHD画質のコンテンツをスマートフォンやタブレットなどで楽しむことが可能となる見込み。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top