3Dテレビは全体の5台に1台、大画面モデルの2台に1台以上……5月の国内テレビ出荷 | RBB TODAY

3Dテレビは全体の5台に1台、大画面モデルの2台に1台以上……5月の国内テレビ出荷

IT・デジタル テレビ

「過去15ヵ月の民生電子機器国内出荷金額の推移/グラフ」(JEITA調べ)
  • 「過去15ヵ月の民生電子機器国内出荷金額の推移/グラフ」(JEITA調べ)
  • 「2012年の民生電子機器国内出荷金額の推移/表」(JEITA調べ)
  • 「薄型テレビ・DVD-ビデオ・BDレコーダー/プレーヤーの2012年の国内出荷金額の推移/表」(JEITA調べ)
 電子情報技術産業協会(JEITA)は25日、5月の「民生電子機器国内出荷実績」を調査・発表した。映像/音声/カーAVC機器の全体で出荷金額/前年比は1,162億円/53.8%となり、10ヵ月連続で前年比マイナスに終わった。

 出荷金額/前年比を製品分野別にみると、映像機器は586億円/33.7%で10ヵ月連続マイナス、音声機器は83億円/75.6%で17ヵ月連続マイナスであったが、カーAVC機器は493億円/158.8%で6ヵ月連続でプラス成長を続けている。

 出荷台数/前年比を製品の主要品目別にみると、薄型テレビは409千台/25.4%で10ヵ月連続マイナス。サイズ別では、29型以下が116千台/18.9%、30~36型が153千台/25.5%、37型以上が140千台/35.4%。サイズ別構成比は、29型以下が28.3%、30~36型が27.5%、37型以上が34.2%であった。

 薄型テレビ3D対応モデルは82千台で前年比73.3%。薄型テレビ全体に占める割合は20.1%で5台に1台は3Dテレビ。40型以上での3D占有率は64.2%であった。インターネット動画対応モデルは213千台で前年比21.5%となった。

 Blu-rayディスク(BD)レコーダー/プレーヤーは238千台/46.5%。その内訳として、レコーダーは202千台/42.3%、プレーヤーは36千台/107.4%。3D対応モデルは192千台/54.9%で、BDレコーダー/プレーヤー全体に占める割合は80.7%となった。

 ステレオセットは40千台/86.8%で8ヵ月連続でマイナス、アンプは14千台/130.1%で6ヵ月連続のプラス、スピーカシステムは26千台/67.8%で11ヵ月連続マイナスとなっている。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top