新たに建設されるデータセンターへの投資額は2011年実績値3010億円……IDC調べ | RBB TODAY

新たに建設されるデータセンターへの投資額は2011年実績値3010億円……IDC調べ

 IDC Japanは21日、2011年~2016年に国内で事業者および企業が新設するデータセンターへの投資額の予測を発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
国内データセンター建設市場 新設データセンター建設投資額予測、2009年~2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター建設投資額予測、2009年~2016年
 IDC Japanは21日、2011年~2016年に国内で事業者および企業が新設するデータセンターへの投資額の予測を発表した。

 国内で新たに建設されるデータセンターへの投資額の2011年実績値は3,010億円。2011年~2016年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.6%、2016年の市場規模は3,428億円と予測されている。新設されるデータセンターの投資額には、構造物建設、電気設備、機械設備、建設設計/コンサルティングなどが含まれるとのこと。

 事業者が顧客サービス提供のために新設する「事業者データセンター」では、新築(構造物から新たに建設)の2011年実績値は766億円、CAGR 2.2%で推移、2016年には855億円になると推計された。一方、改修(既存建物をデータセンター施設に用途変換して建設)の2011年実績値は151億円であり、CAGR 3.2%で推移、2016年には177億円になると推計された。

 1つの企業がプライベートに所有する「企業内データセンター」では、新築の2011年実績値は872億円、CAGR 1.6%で推移、2016年には945億円になると推計された。改修の2011年実績値は1,221億円であり、CAGR 3.5%で推移、2016年には1,452億円になるとのこと。

 事業者データセンターでは、BCP/DR(Business Continuity Planning/Disaster Recovery)対策を目的としたアウトソーシングニーズの拡大、クラウドサービスインフラ基盤としてのメガデータセンターの構築が、成長をけん引する見込みだが、企業内データセンターでは運用管理負荷/コストの削減を目的としたデータセンターの集約やバックアップサイトの構築需要が成長要素になるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top