バリアングル液晶でタッチAF・シャッター! キヤノン「EOS」初のタッチ一眼レフ | RBB TODAY

バリアングル液晶でタッチAF・シャッター! キヤノン「EOS」初のタッチ一眼レフ

 キヤノンは8日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss」で新たに有効画素数約1,800万画素「EOS Kiss X6i」を発表した。販売開始は6月下旬。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
EOS Kiss X6iボディ
  • EOS Kiss X6iボディ
  • EOS Kiss X6i・EF-S18-135 IS STM レンズキット
  • EOS Kiss X6i・EF-S18-55 IS II レンズキット
  • EOS Kiss X6i・ダブルズームキット
  • 液晶ディスプレイ上の被写体に触れて撮影するタッチシャッターのイメージ
  • 撮影画像の再生時にタッチ操作で画像拡大するイメージ
 キヤノンは8日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss」で新たに機能を向上した「EOS Kiss X6i」を発表した。販売開始は6月下旬。価格はオープン。

 製品ラインアップと予想実売価格として、ボディ単体が90,000円前後、「EOS Kiss X6i・EF–S18–135 IS STM レンズキット」が130,000円前後、「EOS Kiss X6i・EF–S18–55 IS II レンズキット」が100,000円前後、「ダブルズームキット」(「EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II」「EF–S55–250mm F4–5.6 IS II」)が130,000円前後。

 同製品は、2011年3月発売の「EOS Kiss X5」の後継機。画像処理エンジンは「X5」に搭載する「DIGIC 4」よりも約6倍の処理速度を持つ新型「DIGIC 5」を装備。最高約5コマ/秒の高速連写と高画質を両立した。また、常用ISO感度を最高ISO 12,800(拡張ISOは25,600)にまで拡大。暗所撮影時のノイズや手ブレ/被写体ブレを抑えた。

 さらに「EOS Kiss」シリーズ初として、ファインダー撮影時に全9点でクロス測距が可能なAFセンサーを搭載。また、新開発の「ハイブリッドCMOS AF」の採用し、ライブビュー撮影および動画撮影時にコントラストAFとCMOSセンサーによる位相差AFを併用。従来機種に比べピント合わせを高速化した。動画撮影時に動く被写体にもスムーズにピントを合わせ続ける動画サーボAFも新搭載している。

 そのほかの特長として、液晶ディスプレイにタッチパネルを採用。ライブビュー撮影時にディスプレイ上の被写体にタッチすることでオートフォーカス(AF)やシャッターの操作が可能。撮影画像の再生や再生画像の拡大/縮小をはじめ、各種設定もタッチ操作に対応する。

 撮像素子は約1,800万画素CMOSセンサー、撮像画面サイズは約22.3~14.9mm、レンズマウントはEF(EF-Sレンズを含む)、記録形式は静止画がJPEG/RAW/JPEG+RAW(同時記録可能)、動画(フルHD対応)がMPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式(MOV形式)。

 ディスプレイは3型タッチ液晶で、ローアングルとハイアングルの撮影に対応するバリアングル式。インターフェースはHDMI/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅133.1×高さ99.8×奥行き78.8mm、重さは約575g(バッテリなど含む、本体のみ520g)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top