【Wireless Japan 2012】 複数の無線を組み合わせる技術で、ダウンロード時間が半分以下に! | RBB TODAY

【Wireless Japan 2012】 複数の無線を組み合わせる技術で、ダウンロード時間が半分以下に!

エンタープライズ モバイルBIZ

速度比較のデモ。2倍以上の速度差が出ていた
  • 速度比較のデモ。2倍以上の速度差が出ていた
  • ブースの様子
  • リンクアグリゲーション無線技術
  • リンクアグリゲーション無線技術
 KDDIは、異なる複数の無線を束ねて同時利用し、高速で安定したダウンロードを実現する「リンクアグリゲーション無線技術」を開発している。今回、「Wireless Japan 2012」のブース内でそのデモ展示がおこなわれていた。

 デモは、2台の「GALAXY SII WiMAX」を用いて、片一方は通常の3G通信のみ、もう片方はリンクアグリゲーション技術で3GとWiMAXを組み合わせた通信で、ダウンロード時間を比較するというもの。この実験では、通常通信の端末に比べ、リンクアグリゲーション端末は半分以下の時間でダウンロードが完了するという結果が出ていた。

 同技術では、複数の無線通信方式を同時に利用、さらに各々の通信状況を把握して状況に応じた通信コントロールを行うことで、高速で安定した通信を実現している。また、ネットワーク側に特別な装置を必要とせず、端末だけで実現できるところもポイントだという。KDDIによると、屋内(静止時)では平均2.4倍、屋外(移動時)では平均2.2倍、高速なダウンロードが実現したとしている。

 複数の通信方式を同時利用することで、電池の減りが気になるところではある。この点については、確かに、通常時よりもバッテリー負荷は高くなるが、ダウンロード速度が向上することで、通信時間自体が短縮されるため、電池の持ち自体は悪くなることはないとのこと。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top