【Wireless Japan 2012】iPadで実現可能なクラウドPOSシステム……IIJ | RBB TODAY

【Wireless Japan 2012】iPadで実現可能なクラウドPOSシステム……IIJ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

iPad、プリンタ、バーコードリーダーなどの構成で本格的なPOSシステムを構築できる
  • iPad、プリンタ、バーコードリーダーなどの構成で本格的なPOSシステムを構築できる
  • 端末側のレジスター相当のアプリ画面
  • レシートの発行はUSBプリンタを接続
  • キャッシュドロアーを開いたところ
  • CRM機能では、顧客データベースだけでなく、会員向けのマイページの作成や管理もできるようになっている
  • 5月末にリリースされ、7月1日にサービスインする予定
 IIJが展示しているSmart POSサービスは、専用のレジスターやネットワークにホストコンピュータなどを用意せず、iPod、プリンタ(レシート等を印刷)、キャッシュドロアー(ここまで標準構成。以下はオプション)、バーコードリーダー、3G通信可能なWiFiルータで端末側の環境を構築し、それにクラウド上のPOSアプリケーションを契約するだけで、売上管理、在庫管理、顧客管理などを簡単、安価に実現してくれる。

 売上・在庫・顧客管理などのPOSシステムの中核をなすシステムはクラウド上にあるので、端末のiPodにはレジスター相当のアプリをインストールするだけだ。入力はタッチパネルで行うこともできるが、Bluetooth対応のバーコードリーダーで商品タグを読むことでも入力できる。クレジット決済端末にも対応する。

 バーコードリーダーやプリンタなどが別々の構成となるが、店舗の規模やニーズに合わせた組み合わせが可能となる。イベント会場のような場所でも、すぐにPOSシステムを展開できるメリットもある。さらに、クラウド上の売上・在庫データなどはすべてCSVファイルで出力可能なので、ERPとの連携も可能だ。顧客管理機能は、通常のCRMの機能の他に会員向けのマイページを作成したり、売上に応じたクーポンを会員の携帯電話等に発行したりする機能も用意されている。

 デモでは、iPadを利用していたので、Android端末を利用することはできるかどうかを聞いてみた。IIJ 第二事業部 営業部 営業1課 主任 清水剛氏によると、「いまのところは予定ありませんが、市場ニーズによって検討することになると思います」という答えが返ってきた。

 なお、IIJ Smart POSシステムは、7月1日にサービスインの予定だ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top