スマホ・タブとWi-Fi接続できるポータブルHDD、バッテリ内蔵でスマホ用補助電源にも | RBB TODAY

スマホ・タブとWi-Fi接続できるポータブルHDD、バッテリ内蔵でスマホ用補助電源にも

IT・デジタル 周辺機器

「WNHD-U500」
  • 「WNHD-U500」
  • 内蔵バッテリでスマートフォンを充電するイメージ
  • 本体背面のQRコードをスマートフォンで撮影してWi-Fi設定するイメージ
 アイ・オー・データ機器は30日、スマートフォン対応Wi-Fi対応ポータブルHDD「WNHD-U500」を発表した。販売開始は6月中旬。希望小売価格は22,050円。

 同製品は、802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備えたポータブルHDD。スマートフォンやタブレット、パソコンと無線LANで接続でき、無線LAN経由の外付けHDDとして写真や動画、音楽ファイルなどの保存が可能となっている。QRコネクトに対応し、本体背面にあるQRコードをスマホで撮影すればWi-Fi設定が完了する。

 さらに大きな特長として、容量が1,950mAhのバッテリを内蔵。スマートフォンなどとともに持ち運び電源の取れない場所で利用可能で、付属のバッテリケーブルを使い、スマートフォンの補助バッテリとしても使い勝手が広がる。内蔵バッテリの充電は付属のACアダプタもしくはUSBバスパワー。

 そのほかの特長として、ネット動画をスマートフォンで再生できる動画形式に変換して保存する機能を備えたソフト「チューブとニコニコ、録り放題3 Smart Edition」を無償でインストールして利用可能。また、USB2.0ポートを装備し、有線接続の外付けHDDとしても利用できる。

 HDD容量は500GB。対応OSは、Windows 7(32/64ビット版)/Vista(32/64ビット版)/XP(32ビット版)、Mac OS X 10.4以降、iOS 4.3以降、Android 2.2/2.3、インターフェースはUBS2.0、無線LANセキュリティはWPA-PSK(TKIP/AES)/WPA2-PSK(AES)、無線LANでの同時接続台数は最大3台、本体サイズは幅86×高さ22×奥行き126mm、重さは約260g。付属品はACアダプタ/USBケーブル(30cm)/USB給電ケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top