個人PC、最も守られている国はフィンランド、最下位はシンガポール……マカフィー調べ | RBB TODAY

個人PC、最も守られている国はフィンランド、最下位はシンガポール……マカフィー調べ

ブロードバンド セキュリティ

基本的なセキュリティ対策を施している個人ユーザー割合の国別ランキング
  • 基本的なセキュリティ対策を施している個人ユーザー割合の国別ランキング
  • ソフトをインストールしていない、またはインストールしていても無効化している個人ユーザー割合の国別ランキング
  • ソフトをインストールしていない個人ユーザー割合の国別ランキング
  • ソフトをインストールしてはいるが無効化している個人ユーザー割合の国別ランキング
 米マカフィーは30日、個人ユーザーのPCセキュリティ状況について、グローバル調査した結果を発表した。2011年1月から11月にかけて、24カ国で調査を実施。毎月平均2,700万台~2,800万台のPCにおける任意のスキャンデータを分析した。

 その結果、調査対象となった個人ユーザーの83%が、基本的なセキュリティ対策を施していた一方で、17%は、ウイルス対策ソフトをインストールしていないか、期限が切れていることが判明した。

 基本的なセキュリティ対策を施しているPCの割合が最も高かった国はフィンランドで、90.3%が対策を施していた。逆に最も低かった国はシンガポールで、78.25%が対策を施していた。ちなみに、「そもそもセキュリティソフトをインストールしていない」というPCの割合が最も高かった国はスペインで、16.33%。「インストールしてはいるものの、無効化している」ユーザーの割合が最も高かった国はシンガポールで、11.75%だった。

 日本は対策を施しているユーザー数でみると下位にランクインしており、19.35%が未対策で、セキュリティ対策済みは80.65%だった。また、13.2%のユーザーがセキュリティソフトをインストールしておらず、6.15%のセキュリティソフトは、無効化されていた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top