4月のパソコン市場はノートPC占有率が過去最大、タブレット統計も発表……JEITA調べ | RBB TODAY

4月のパソコン市場はノートPC占有率が過去最大、タブレット統計も発表……JEITA調べ

IT・デジタル デスクトップPC

「パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2012年4月単月)」(JEITA調べ)
  • 「パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2012年4月単月)」(JEITA調べ)
  • 「地上デジタルチューナー内蔵PC国内出荷実績(2012年4月単月)」(JEITA調べ)
 電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、4月の「パーソナルコンピュータ国内出荷実績」を発表。ノートPCの割合が過去最大を記録した。また、今月からはタブレット端末の国内出荷実績も公表している。

 パソコンの4月の出荷台数合計は93万9千台で前年同月比103.9%、出荷金額合計は693億円で同92.3%。内訳を出荷台数/前年同月比・出荷金額/前年同月比で示すと、デスクトップPCは23万台/89.1%・180億円/77.8%で、液晶一体型(オールインワン)が11万9千台/80.8%・118億円/76.3%、セパレート(単体)が11万1千台/100.2%・63億円/80.7%。

 ノートPCは70万9千台/109.8%・513億円/98.8%で、モバイルノートが12万台/113.7%・107億円/115.7%、A4型が58万9千台/109%・406億円/95.1%となった。出荷台数全体にノートPCが占める割合は75.5%となり、過去最高を記録したという。

 地デジチューナー内蔵PCは、出荷台数が7万3千台で前年同月比が61%。内訳として出荷台数/前年同月比は、デスクトップPCが6万4千台/65%、ノートPCが9千台/42%となっている。

 また、JEITAでは2012年度から新たにタブレット端末の国内出荷実績についても自主統計を開始。今回、2010年10月から2012年3月までの累計出荷実績が38万9千台であることを発表した。同統計参加企業はNEC(日本電気)/オンキヨー/シャープ/ソニー/東芝/パナソニック/富士通/レノボ・ジャパンの8社。

 タブレット端末の定義として、パソコン/電気通信事業用移動電話(スマートフォン/携帯電話/PHS)/電子書籍リーダー/ハンディターミナル/テーブルオーダー端末/デジタルオーディオプレーヤー/カーナビゲーションシステムなどや、携帯電話事業者ブランドで販売されているものを除く。おおむね重さ1kg以下、画面サイズ5型以上(複数画面搭載機ではそれぞれの画面サイズを合算)を目安とする。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top